カテゴリー別アーカイブ: ◆MUSIC

おめでとう。そしてありがとう蘇打綠〈第27屆流行音樂金曲奨〉20160625

 

先週台湾の投稿をした翌日の日曜日に金曲獎の記事をアップしようと思ったのに、思いのほか仕事に追われて結局アップできませんでした。そして今週は正直記憶がないくらいばたついて、今日はやっと休み。

一週間乗り切った!

 

 

こちらにお越しいただく皆さんのおそらく99%はご興味ないと思われる台湾音楽の記事をアップさせてください。

私にとって本当に大事なバンド、蘇打綠(sodagreen)のこと。

 

 

6月25日に行われた〈第27屆流行音樂金曲奨〉。
前の記事でも少しだけ触れました。

日本でいうレコード大賞である金曲奨。

私は台湾音楽が大好きだけど、台湾のいわゆるポップスやバラードはアイドル歌手が多くて、まだまだ発展途上で苦手な作品も多いです。でも、長く歌われ続けている民謡や原住民音楽などは台湾にしかない旋律や独特の歌唱法があって、歴史と文化の深みを感じられて大好き。

金曲奨は、そんなアイドル歌手から海外のフェスでも活躍する歌手、そして民謡歌手や原住民歌手までが一度に集合するので、台湾の音楽業界の多様さを感じます。

 

 

金曲奨は2009年に一度取材で行きました。

その年は、残念ながら蘇打綠は出席していなかったけれど、普段からよく聴いていた盧廣仲(ルー・グワンチョン/Crowd Lu)や、張懸(チャンシュエン/Deserts Xuan)が出席していて、とても感動したのを覚えてます。金曲奨で盧廣仲が新人賞を受賞したその日の深夜は、そのまま盧廣仲の川岸留言のライブに行ったなあ。

 

 

そして、今年の金曲奨。

私はyoutubeの同時配信で視聴しました。

今年は、蘇打綠が昨年発売した「冬 未了」がなんと最多8部門もノミネート。ぶっちぎりのノミネート数に、下馬評でも最多受賞するだろうと言われていた蘇打綠。

 

 

式典のオープニングの公演も担当しました。

「ライブの歌声はアルバムより勝る」と言われている青峰の歌声ですが、この日はちょっと不調かな?という感じでちょっと心配になりました。でもやっぱり誇らしかった。

蘇打綠-金曲奨-20160625-03

 

蘇打綠-金曲奨-20160625-01

 

蘇打綠-金曲奨-20160625-02

 

蘇打綠-金曲奨-20160625-02-01

 

 

 

そして、授賞式。
ふたを開けてみれば蘇打綠は最多の5部門受賞!

リアルタイムで授賞式を観ながら蘇打綠の名前が読み上げられるたびに、泣けてきて本当に大変でした。蘇打綠はデビューからずっと好きなバンド。彼らの受賞は、この1年だけのことじゃなく、デビューからずっと積み重ねてきた努力のたまものだと知っているから、本当に嬉しかったんです。

 

蘇打綠のノミネートと受賞リストを貼り付けします。

 

〈第27屆流行音樂金曲獎入圍名單〉

《 最佳國語專輯獎 》(最優秀アルバム賞)
『冬 未了』/環球國際唱片股份有限公司(演唱者:蘇打綠)

《 最佳作詞人獎 》(最優秀作詞家賞)
吳青峰/「他舉起右手點名」/『冬 未了』/環球國際唱片股份有限公司(演唱者:蘇打綠)

《 最佳編曲人獎 》(最優秀編曲家賞)
蘇打綠、林暐哲/「痛快的哀艷」/『冬 未了』/環球國際唱片股份有限公司(演唱者:蘇打綠)

《 最佳專輯製作人獎 》(最優秀アルバムプロデューサー賞)
林暐哲/『冬 未了』/環球國際唱片股份有限公司(演唱者:蘇打綠)

《 最佳樂團獎 》(最優秀バンド賞)
蘇打綠(吳青峰、 謝馨儀、 劉家凱、何景揚、龔鈺祺、史俊威)/『冬 未了』/環球國際唱片股份有限公司

 

そして、残念ながら受賞は逃しましたが、下記の3賞もノミネートされました。でも、青峰が最優秀作詞家賞を2曲でノミネートしていたので、実質逃したのは2賞だけ。さすがだなあ。

 

《 最佳年度歌曲獎 》(最優秀年間楽曲賞)
「下雨的夜晚」/『冬 未了』

《 最佳作曲人獎 》(最優秀作曲家賞)
吳青峰/「下雨的夜晚」/『冬 未了』

《最佳作詞人獎》(最優秀作詞歌賞)
吳青峰/「痛快的哀艷」/『冬 未了』

http://gma.tavis.tw/gm27/GMA/finalist.asp

 

 

 

個人的には青峰の最優秀作詞家賞と、蘇打綠のプロデューサーである林暐哲(ウィル・リン)さんの最優秀プロデューサー賞が本当に嬉しかった。

 

 

最優秀作詞家賞で挨拶する青峰。
ステージではいつも圧巻のパフォーマンスをする青峰なのに、この日は凄く恥ずかしそうで、可愛かった~~!

蘇打綠-金曲奨-20160625-04

 

蘇打綠-金曲奨-20160625-05

 

 

受賞者コメントがさすがで、青峰の言葉にはいつも重みがあると感じます。

 

「我覺得不管什麼獎,都是少數人品味集合,但很感謝有這個機會謝謝家人盲目的支持我,我從小到大的同學跟老師,ppt、臉書、微博的人,把我當遙遠的朋友看待。謝謝環球音樂沒被我們的瘋狂嚇跑,謝謝所有完成《冬 未了》專輯的夥伴,謝謝對我們的無私,謝謝蘇打綠的團員,你們就是我的生命,謝謝你們願意成為我的生命,謝謝我的知己。謝謝那些真心面對自己真心的人,罷工為弱勢發聲的、為權益抗爭的。」

 

私が感動したのは、バンドメンバーへの感謝以外に、裏方でいつも蘇打綠を支えるスタッフの名前も一人ひとり読み上げたこと。青峰は授賞式に限ったことではなく、普段から人への感謝を忘れない人だけど、普段評価される機会がないスタッフにも花を持たせる姿を素敵だと思いました。彼がファンだけではなく、メンバーやスタッフからも愛されるのはこういうことだよなあ。

 

青峰を最も尊敬している点は、どれだけ彼が中華圏を代表するバンドとなり、スターといわれる立場になっても、市井の人々と同じ目線で物事を見続けていること。受賞コメントにあった、チャイナエアラインのストライキのことや、同性愛者の結婚のこと…一生懸命に自分の人生に向き合っている人々を尊重する視線が、本当に温かい。

 

蘇打綠-金曲奨-20160625-06

 

 

 

そして、最優秀プロデューサー賞。
「林暐哲」の名前が呼ばれた途端に泣いてしまった青峰。

青峰はいつも、ウィルさんのことをからかってはいるけれど、でもプロデューサーとして、アーティストとしてのウィルさんを心から尊敬しているんだよね。蘇打綠を、台湾を代表するバンドに引き上げてくれたのは紛れもなくウィルさんのプロデュースがあったからこそ。

蘇打綠-金曲奨-20160625-07

 

蘇打綠-金曲奨-20160625-08

 

蘇打綠-金曲奨-20160625-09

 

青峰はきっと、今回のアルバム『冬 未了』だけじゃなく、デビューから今までのことを思い出したんだろうなあ。自分が受賞した最優秀作詞家賞では涙を見せなかったのに、ウィルさんの受賞で泣いてしまうところが、とても青峰らしいな、と。

 

青峰は、誰が見ても蘇打綠のボーカルでフロントマン、そしてバンドの魂だけど、でも実際は自分だけが評価されたい人じゃない。バンドが評価されること、バンドの仲間が評価されること、ウィルさんが評価されることを、自分のこと以上に喜ぶ人だったと、しみじみと思い出しました。

青峰は一見我が強い人間に見えるし、正義感の強さから臆せず発言してしまい敵を作ることも多いし、ステージではメンバーのこともウィルさんのことも大いにからかうけれど、でも実際はステージ以外ではメンバーを立てるし、どちらかというとメンバーの陰に隠れることが多い人なんだよなあ。

そんな青峰の個性がよく表れたシーンでした。

 

 

私もウィルさんのことが本当に大好き。
可愛くて、かっこよくて、自分の感情に正直で。実は蘇打綠の中で誰よりもアーティストだと思う。

青峰はアーティスティックな一面もあるけれど、実はとても常識的で物事を適正に処理できる人。ウィルさんと青峰を見ていると、時々青峰がウィルさんのマネージャーに見える時もあるくらい。

二人が出会えた運命に感謝したいです。

 

 

 

最優秀バンド賞と最優秀アルバム賞。

蘇打綠-金曲奨-20160625-10

 

 

蘇打綠のライブに行くたびに、心を揺さぶられるような気持ちになって、決してオーバーではなく、「人生には辛いことも多いけれど、でも、それ以上に素晴らしいことがたくさんある」って心から思う。

彼らの人生と伴奏している感じ。

真摯に音楽に向き合い、真摯に人生に向き合っている。

彼らのことを10年以上見てきたからわかる。

一度だって、彼らに落胆したことがない。

そして、「次はどんな世界を見せてくれるんだろう」って、本当にドキドキする。

 

 

蘇打綠-金曲奨-20160625-13

 

蘇打綠-金曲奨-20160625-11

 

蘇打綠-金曲奨-20160625-12

 

 

私の勝手なイメージで、蘇打綠は、いわゆる「賞という肯定」に重きを置かないバンドかと思っていました。でも、受賞する彼らはとても嬉しそうで、彼らの音楽の集大成でもあり、一つの区切りでもあるアルバム『冬 未了』で受賞できたことを、ファンとして心から嬉しく思う。

 

 

 

金曲奨での小Sの発言のことを少しだけ。

青峰がセクシュアル・マイノリティであろうがなかろうが、大きなことではない。ただ、発言に影響力がある公人であることを、自覚して欲しいと思いました。不快でしかなかった。

 

 

 

金曲奨に話を戻して…

とても寂しいことだけど、蘇打綠はこの夏のライブツアー「In Summer(印夏天)」を区切りに、3年間の活動休止に入ることを発表しました。間もなくそうなるのだろうなと覚悟をしていたけれど、やっぱり寂しい。

 

でも、たった3年。
待てる。

 

私はこれからもずっと、永く、蘇打綠の音楽を、青峰の歌声を聴き続けたいんです。

その為に、ちょっとだけお休みだね。

 

 

 

「是我的海」
蘇打綠の曲の中で、私にとって初心を思い出す曲。

もう十数年前。
この曲を聴いた時の、苦しくて切ない感覚は今も鮮明に覚えていて、聴けば今でも、あの当時の自分を思い出すんです。

 

 

 

そして、「你在煩惱什麼」。
「あなたは何を憂いているの?」

蘇打綠が音楽に向き合う姿勢が顕著に表れている曲だと思います。

 

人生って、そんなに悪いものじゃないよね?
この世界に生まれてきて良かったよね?

 

 

 

再びになるけれど、今年の金曲奨で蘇打綠が圧倒的評価を得たことを、ファンとして嬉しく思います。

 

 

蘇打綠ありがとう。
青峰ありがとう。

蘇打綠に出会えたことに、心から感謝します。

 

20 people like this post.

【我最愛的台湾音楽】青春時代は陶喆(David Tao)のガチ恋ファンでした

今日は<EXO’luXion in Shanghai>ですね!
Twitterからプレビュー写真がどんどん流れてくるし、ストリーミング配信も聴くか迷いましたが、後でちゃんとチェックしたいのでちょっと我慢。カイとEXOメンバーの笑顔を楽しみにしておこう。

クリス、ルハン、タオの不在で、EXOの今年の大陸活動はどうなるんだろうと正直心配していますが、去年よりももっともっと大陸で活躍して欲しいなあ。今日は中国語曲も歌っているみたいだし、挨拶も一部中国語のようで…。うーん頑張れ!!!

今日は少しだけルハンの話題に触れますが、カイの話題は一切ありません。こちらにお越し下さる皆様で台湾音楽にご興味ある方はとても少ないと思いますので、どうかUターンなさってくださいTT

またカイの話題の際にお目にかかりましょう!

いつもお越しいただきありがとうございます!

 

 

私…正直ルハンにはまだまだ複雑な気持ちというか、今も顔を見ると何とも言えない想いがこみ上げるのですが、このニュースはとっても嬉しかったです。

 

——————————————————————————-

ルハン、中国の冬季五輪招致のPRに参加「万里の長城でスキーをしましょう」

exoluhan-01

 

ボーイズグループEXOを離れ、中国で活動しているルハンが2022年の北京冬季五輪招致活動を支援する。

26日、中国の大手芸能メディアSina芸能などの現地メディアの報道によると、ルハンが2022年の冬季五輪開催を目指す北京のPR曲「万里の長城でスキーをしましょう」を歌う。ルハンは台湾出身のトップ歌手タオ・ジャー(陶喆)をサポートし、同曲に参加した。

今回の曲についてルハンは「(タオ・ジャーが)小さい頃から大好きだった。彼の曲はほとんど歌える。カラオケに行くと絶対に歌う。ぜひ一緒にコラボしてみたいと思っていた」と感想を述べた。タオ・ジャーは「ルハンはルックスが良いだけでなく才能がある。リズム感も歌声も素晴らしい。生まれながらの才能がある上に、努力も惜しまない」とルハンの努力を高く評価した。

冬季五輪招致のためのタオ・ジャーとルハンのコラボレーションのニュースに2人のファンは期待を膨らませている。

ルハンは昨年、所属事務所SMエンターテインメントを相手取り専属契約効力不存在確認訴訟を起こし、現在は所属グループのEXOを離れて母国である中国で活動している。

※以上は、Kstyleより転載
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2021240

——————————————————————————-

 

去年、EXOが大陸の番組『最强天团 The Strongest Group』に出演していた時に、陶喆(David Tao)の「普通朋友」を歌っていたので、陶喆が好きなのかな?と思っていましたが、大ファンだったんですね。

嬉しいなあ。すごく。

 

exoluhan-02

 

exoluhan-04

 

exoluhan-03

 

exoluhan-05

 

exoluhan-06

 

またもや、ここにお越しくださる皆様のほとんどは、きっと興味がないお話を…。

お越しくださる方の中に「台湾ポップスが好きー!」という方は果たしていらっしゃるのでしょうか^^;

 

私は洋楽・邦楽・民族音楽・K-POPとなんでも抵抗なく聴きますが、趣味と仕事の両方で一番縁深いのが台湾ポップスです。元々学生時代に台湾映画と台湾ポップスに夢中になったことがきっかけで、編集として最初に関わらせていただいたのが台湾や韓国のエンタメでした。

 

私が最初に台湾ポップスにはまったきっかけが陶喆です。

10年以上のファンなので今は落ち着いたファンですが、好きになって3年ぐらいは恥ずかしながらガチ恋ファンでしたww

「歌は上手いけど顔がねえ…」と言われることが多い陶喆ですが(←超失礼)、実は私は顔ペンから入りましたww たまたま見ていた台湾の番組で面白い話をしていたので、最初は凄く可愛い顔立ちで(←私の趣味かもw)頭の回転が速いコメディアンだなあと思っていたのですが、歌手だと知り、CDを聴いてみたら素晴らしいミュージシャンでびっくり。それまで勝手に「ダサそう」、と思っていた台湾ポップスに対しての先入観を一気に消し去ってくれました。とはいえ、やっぱり「うーん…」って思うクオリティの曲を出す歌手も本当に多いんですが…。

 

陶喆は、子供の頃からアメリカンスクールに通い、高校からはずっとアメリカを拠点にしています。だからアメリカの滞在期間が長く、海外から中華圏を俯瞰する視線もあり、中華圏の人間が好みそうなメロディラインを創るのが上手い人だなあといつも感じます。あらゆるジャンルの音楽を徹底的に聴きこむ音楽マニアで、中東の民族音楽までカバー。その知識量には音楽評論家も驚くほどで、台湾では「R&B教父」とか「音楽教父」なんて呼ばれています。

ライブは常に世界中から呼んだ一流のミュージシャンで構成し、そこに陶喆の圧倒的な歌声が加わって、聴き惚れます。陶喆のバンドの仕切りも素晴らしくて、「音でステージを司る人」という言葉がぴったりの人だと私は思っています。

 

寡作の人で、しかも時々「ん?ダサい?」とか「やっちゃったなー!!」みたいな曲も作ってしまうし、彼の全盛期は1st、2nd、3rdで区切りがついたという人もいる(実は私も思っていますが…)けれど、やっぱり彼が台湾はもちろん、ルハンのような中国大陸の若者たちに与えた影響は本当に大きいんですよね。

 

それまで、政治的だったり、民謡的だったりの色が濃い音楽ばかり聴いていた大陸の若者たちの音楽生活を、陶喆や周杰倫(ジェイ・チョウ)たち台湾アーティストが90~00年代に登場したことでぐっと底上げしたというか。彼らの影響力は計り知れません。

台湾の国土は日本の九州ぐらい、人口も約2300万人。なので台湾のミュージシャンが自国での活動だけで成立することはとても難しく、中国大陸や香港、シンガポール、マレーシアなどの中華圏での活動をする必要があります。

陶喆の活動もここ近年は大陸ばかり。「スターのはずなのにどうしてそんなに安売りするような番組に出るの?」なんて少しもどかしく思っていたので、ルハンと陶喆がコラボすると知り、凄く凄くわくわくしています。きっと陶喆の活動もこれから注目されると思うので。

陶喆の衣装だったり髪型だったり、スタイリングの98%ぐらいは驚異的にダサいのでwアルバム発売のたびに、ジャケットを見ると「笑うしかない」みたいな状況に陥るのですがw、でも彼の歌を聴き、想いを知ると、やっぱりカッコいいなあ、と惚れ惚れします。

 

私には好きな台湾歌手がたくさんいます。

特に蘇打緑(sodagreen)の青峰と陶喆と盧廣仲(ルー・グァンチョン)、張懸(ジャン・シュエン)。彼らの音楽的センスや歌唱力は、台湾の中でも圧倒的だと思います。

昨年1月に陶喆、7月に蘇打緑のライブを台北アリーナで観ましたが、やっぱり彼らは凄かった。どちらも鳥肌が立ちました。

陶喆の父親は陶大偉という台湾のとても有名なタレントなのですが、2012年に亡くなりました。陶喆と陶大偉はとても仲が良い親子として知られていたので、去年のライブでは父親への敬意を示したステージもあり、泣けました。台湾国内では本当に有名な親子で、陶大偉も本当に愛されたタレントなので、台湾の人々にとっても、彼の死は本当に辛い別れだったんです。

陶喆は新しいアルバムのライブツアーでしたが、最初の3枚のアルバムの収録曲もたくさん歌ってくれたので、会場全体が泣きながら大合唱。台湾の20代~30代の人たちにとって、陶喆の曲は青春時代の曲なんです。私は日本人だけど、私にとっても青春の曲。

陶喆の旬は過ぎたと言われていたし、若い時ほど高い声も出なくなったと聞いていたけれど、そんなことは全然なかった!

ゾクゾクしましたもん。

 

これは陶喆が歌う「普通朋友」。

 

代表曲の「愛很簡單」

 

「やっぱり陶喆の歌声とステージの掌握力は凄いなあ」と感動するパフォーマンス

 

私が好きな「寂寞的季節」
この曲は2001年に起こった911のテロ事件をきっかけに作られました

 

社会に対してのもどかしさを歌った曲「Dear God」

 

いつも泣けてくる台湾の老歌「望春風」

 

久しぶりに陶喆の曲でYoutubeめぐりをしてしまった。

 

どうしてももどかしい気持ちがあって、ルハンの近況からは遠ざかっていたけれど、こんな風にルハンと陶喆の良いニュースが聞けるのはすごくワクワク。二人のコラボが本当に楽しみです。

——————————————————————————-

すみません!
全く需要がないとわかりながら、台湾に関しては本当に語りたくなるんです。もしも「私も台湾が好き!」という方がいらっしゃったら嬉しいなあ。今年は8月に東京でとっても嬉しいライブもあるので、台湾ポップスの魅力を少しでも多くの方に知って欲しいです。

 

最後までお読みくださった方がいらっしゃいましたらありがとうございます。今日は上海でライブをしているというのにカイのことに一切触れず…すみません。

以前は読者の皆様をがっかりさせてしまうのが怖くてカイの話題以外を書けませんでしたが、今は申し訳ないと思いつつ…自由に好きなことを書いても良いんだと思うようになりました^^

よし!EXOのライブレポを見ようっと!
また近々カイの話題でお目にかかりましょう!

再見!!

 

21 people like this post.