exo-kai-knk-201701

この世界が、あなたに対して優しくありますように

 

KNKさんが今年1月にTwitterにアップされた中国語の投稿を訳させていただきました。

紹介する写真と中国語・英語の著作権はすべてKNKさんに帰属します。また意訳も含まれます。直訳ではありません。

意味をとらえるのが難しい詩的な表現もあり、誤訳もあるかもしれません。そして、KNKさんの想いを想像し、直訳ではなく意訳している部分もあります。

あくまでも個人ブログであることをご理解願います。

 

 

 

<2017年1月2日>

要是一個人吸引我,
他無論選擇什麼方式表達自己
對我來說都很可愛

もしもその人に魅了されたら
どんなしぐさでも
全部可愛い

exo-kai-knk-20170102-01

 

exo-kai-knk-20170102-02

 

exo-kai-knk-20170102-03

 

exo-kai-knk-20170102-04

 

 

 

 

<2017年1月2日>

你始終在我心底最柔軟的一塊

あなたはずっと
私の心の中で
最も優しい存在

exo-kai-knk-20170102-05

 

exo-kai-knk-20170102-06

 

exo-kai-knk-20170102-07

 

exo-kai-knk-20170102-08

 

 

 

 

<2017年1月15日>

每一次見面
都會重新定義我人生中最幸福的時刻

毎回、あなたに会うと
私の人生の最も幸せな瞬間が
更新される

exo-kai-knk-20170115-01

 

exo-kai-knk-20170115-02

 

exo-kai-knk-20170115-03

 

exo-kai-knk-20170115-04

 

 

 

 

<2017年1月16日>

見過山見過海見過花開見過樹綠
直到看見你笑的樣子
才駐足

山を見て通り過ぎて
海を見て通り過ぎて
咲き誇る花を見て通り過ぎて
木々を見て通り過ぎて
私はあなたの笑顔を見て
やっと立ち止まる

exo-kai-knk-20170115-01

 

exo-kai-knk-20170115-02

 

exo-kai-knk-20170115-03

 

exo-kai-knk-20170115-04

 

 

 

 

<2017年1月18日>

星星不是你的眼睛
你比他們還要多情

星はあなたの瞳に敵わない
あなたは
星よりも輝いてる

exo-kai-knk-20170118-01

 

exo-kai-knk-20170118-02

 

exo-kai-knk-20170118-03

 

exo-kai-knk-20170118-04

 

 

 

 

<2017年1月18日>

願世界待你溫柔

この世界が
あなたに対して
優しくありますように

exo-kai-knk-20170121-01

 

exo-kai-knk-20170121-02

 

exo-kai-knk-20170121-03

 

 

 

 

<2017年1月22日>

這個世界上大部分事情沒有好壞與對錯的標準答案
只有你的本心和本該遇見的相逢

この世界の殆どには
良いことと悪いこと
正解と間違いの答えがない
あるのは
あなたの真心と出会うべき運命

exo-kai-knk-20170122-01

 

exo-kai-knk-20170122-02

 

exo-kai-knk-20170122-03

 

exo-kai-knk-20170122-04

 

 

 

 

<2017年1月22日>

喜歡的意義不過如此
不論你在那裡
我都因為你而變得優秀努力

好きでいる意義は大きなことではなくて
あなたがどこに居ようと
私はあなたの為に努力できる

exo-kai-knk-20170122-05

 

exo-kai-knk-20170122-06

 

exo-kai-knk-20170122-07

 

exo-kai-knk-20170122-08

 

 

 

 

<2017年1月22日>

你真可愛,好看的那種

あなたはとても可愛い
外見が良いというか

exo-kai-knk-20170125-01

 

exo-kai-knk-20170125-02

 

exo-kai-knk-20170125-03

 

exo-kai-knk-20170125-04

 

 

 

KAIさんの今の髪型と髪色が私は一番好きだなあ。
でも、今回のKNKさんのコメントと写真

 

もしもその人に魅了されたら
どんなしぐさでも
全部可愛い

exo-kai-knk-20170102-02

 

安っぽくてダ○い衣装で首輪までしてる上に乳首チラ見せ…私この衣装を見た時に吹き出してしまいました。カッコいい衣装でチラ見せならいいのですが、これは野暮ったくてちょっと苦手。

でも素直に着せられてドヤ顔でアイドルやれるKAIさんがある意味可愛い。微笑ましい。

 

 

それにしても、最近コミット中のKAIさんがどの程度のムキムキを目指しているのか、勝手にドキドキしています。

 

kai20170305

 

勝手な印象ですが、EXOのダンスは下半身より上半身にポイントを置いた動きが多いと感じているので(だから、運動神経があまり…なKAIさんがメインをはれる)、筋肉を付けるのはEXOのパフォーマンスの部分ではリスクよりメリットが大きいのかな? 怪我をしにくい体作りという意味も大きいと思いますが。

 

でも、ムキムキはほどほどにしてくれ。

ヒョロヒョロの青年期から、おっさんになっていく過程って、アイドルファンとしては、成長の喜びとともに、少し寂しさを感じる過程です。「あー、いよいよ階段上りきったなあ」って。

 

私がアイドル・EXO KAIのファンになった時に、東方神起を始めとした様々なアイドルグループから学んで、覚悟の上でリストアップした「アイドルの応援で経験すべきこと」。

 

①メンバー(本人含む)の不祥事
②メンバー(本人含む)の脱退
③サセンが問題を起こす
④メンバー(本人含む)の家族がでしゃばる
(契約問題・お金問題など)

⑤事務所のク○対応
⑥メンバー(本人含む)の恋愛
⑦メンバー(本人含む)の怪我

 

残念ながら、もうすでに結構クリアしてしまいました。

 

特にKAIさんなんて、「今が人気の絶頂」って時に公開恋愛だもんね(古傷)。KAIさんも事務所もどうかしていると今でも思う。アイドルの資格なし!

それでも何とかKAIペンを続けているのだから、よく生き残ってるなあと、自分のことを少しは褒めたい。

 

ということで、私がKAIペンを続ける上で経験しなければいけない障害はあと3項目です。

 

⑧胸板ムキムキゴリラ系おっさんになる
⑨兵役に行く(坊主が似合うか問題も有り)
⑩グループの人気が緩やかに落ちていく

 

⑧は近い将来コンプリートだろうし、こう考えると、ファン歴3年弱でほぼクリアできていて恐ろしや…。

 

特に韓国のアイドルは寿命が短いのに、グループの数だけは数えきれないほどいる厳しい世界で、1発の花火すら打ち上げられずに、消えていくグループが多いのも確か。

 

その中で、最大手SMEからEXOとしてデビューできたことだけでも、確実に選ばれた存在。特に4.5年前のSMならば、top of topを確約できる力もあった時期。EXOはブレイクまでに時間がかかったとはいえ、topに上り詰めることもできました。

 

でも、それにしても、ロールモデルにしたであろうグループと比較しても、やっぱり色々と駆け足だなあと思います。

様々な事情があってのことだとしても、少し残念、というか、私が勝手に寂しい。

飛躍してしまったけれど、そんなことを最近改めて考えています。

KAIさんがこれまで与えてくれた感動や幸せだけでも、これからもKAIさんを応援する大きな理由に十分なっているのだけど。

 

—————————————

 

1月2月は休日返上で本当によく働きました。

ありがたいことに(?)、いま外部から仕事がたくさん舞い込んでいて、なのにスタッフ増強が間に合わず、私は通常の倍のページを進行するという、自分史上最大のボリュームを担当しました。

本当にしんどかった。土日も取材やMTGで埋まることが多くて、まともに休めませんでした。

 

やっと先週諸々が校了して、この週末は金曜日に代休をとって3連休でした。メールチェックもあまりせず、やっと「休んだ」という感覚になれている週末です。心と体の休息は本当に大事。

 

一般企業から見たら、この働き方はブラック認定するに十分ですが、でも業界的には、この業界を選んだ以上仕方がないと思いながら自分なりの意義を見出して働いている人が多いのも確かです。私自身も、その一人だと思う。

うちの会社は、ある程度見合った報酬と季節の長期休暇が長いことでなんとかバランスを取っている感じなのですが、でも自分の長期のビジョンを考えた時には、働き方の改善が必要だなとつくづく思います。

 

金曜日は出産したばかりの友人のお宅にお邪魔して、赤ちゃんに会ってきました。普段仕事をバリバリしている友人が、お母さんになったらますます貫録がでていて、なんだかとても眩しかったです。本当にカッコいい。

 

—————————————

 

そして帰宅後は、ずっと観たかったコン・ユとキム・ゴウン共演の『鬼(トッケビ)』を観始めました。

 

1korean20161216

 

日本語字幕のDVD(海賊版…)を注文したのに、届くのが待ちきれなくて、とある中国語サイトですでに6話まで観てしまいました。

今週からまた激忙しい日々が始まるので、できれば週末に観終えたいのですが、昨日も今日も人と会う予定を入れてしまっているので、なかなか進まないです。今夜は夜なべだな。そしてDVDが届く前に観終えそうな予感。

 

コン・ユオッパ(9頭身:ムルコギ調べ/俳優はアイドルと違ってオッパと呼べる人が多くてほっとする…)は、怒りや悲しみのシリアスな演技が好きでファンになりましたが、それとともにお茶目な演技のメリハリが魅力的な人だと個人的には思っています。

でもこの作品は「切なさ、悲しみ」が作品の世界観にあるので、今回は控え目。

 

眼を真っ赤にした涙の演技、悲しみの表情に心を奪われます。

そしてキム・ゴウンも本当にいいなあ。

二人の演技は似ている気がします。
特に憂いと涙の表現。
全体的に抑制している演技。

AKR20170120166300033_09_i

 

トッケビ

 

運命から逃げられず、「今は、長い長い人生の時間の中の一刹那である」ということを十分に知りながらも、相手を想い、懸命に生きる登場人物たちの生き様が切ない。

 

 

今のところ、私が一番好きなシーン。
シン(コン・ユ)がウンタク(キム・ゴウン)に恋に落ちて、「初恋だった」と自覚する場面。

1482168745-2692917880_n

 

愛すべき存在を見つけた安堵と、そして失うことの恐怖の二つの感情が入り混じったシンの表情に、心が動かない人はいないと思います。

 

構成が若干雑で辻褄が合わない部分が多くて粗も目立つし、ギミックが物足りない感もあって、正直集中できない部分も多いのですが(私何様…でも言いたいことは言う)、イ・ドンウクやユ・インナ、BTOBのソンジェも含めたキャスティングと、世界観の構築だけでも、大ヒットした理由が納得できる、そんなキャストとスタッフの力が光る作品です。

 

 

そして、非常に美しい風景の中にどこか寂しさを感じる、そんな画作りが多くて、引き込まれる映像が多い。

0

「共依存」もテーマの一つなんだろうなあ。

 

 

チャニョルがパンチと一緒に歌っているOST「Stay With Me」も作品の世界観を盛り上げる重要な要素。

イントロを聴くとドラマのシーンが脳裏に蘇ります。

 

 

すべきことがたくさんある中で、どうしたらあと10話分を今日一日で観終えることができるのだろう…たぶん無理だな。。。

政治的な匂いもする、WOWOWドラマ『春が来た』のKAIさん起用も気になるところですが、今日はこれにて。

(画像お借りしました)

 

24 people like this post.