exo-kai-knk-2016-10-1038x576

この世界には、数えきれないほどきらきらと輝く想いが溢れている

 

KNKさんが昨年10月にTwitterにアップされた中国語・英語の投稿を訳させていただきました。

紹介する写真と中国語・英語の著作権はすべてKNKさんに帰属します。また意訳も含まれます。直訳ではありません。

意味をとらえるのが難しい詩的な表現もあり、誤訳もあるかもしれません。そして、KNKさんの想いを想像し、直訳ではなく意訳している部分もあります。

あくまでも個人ブログであることをご理解願います。

 

 

 

<2016年10月1日>

未來,我還是那麼喜歡你

この先の未来もずっと
こんなにも、あなたが好き

exo-kai-knk-20161001-01

 

exo-kai-knk-20161001-02

 

exo-kai-knk-20161001-03

 

exo-kai-knk-20161001-04

 

 

 

 

<2016年10月1日>

不知不覺的,所有文字都變成你

無意識のうちに
すべての言葉が
あなたになる

exo-kai-knk-20161001-05

 

exo-kai-knk-20161001-06

 

exo-kai-knk-20161001-07

 

exo-kai-knk-20161001-08

 

 

 

 

<2016年10月2日>

在這個世界上充滿了無數閃閃發光的思念

この世界には
数えきれないほど
きらきらと輝く想いが溢れている

exo-kai-knk-20161002-01

 

exo-kai-knk-20161002-02

 

exo-kai-knk-20161002-03

 

exo-kai-knk-20161002-04

 

 

 

 

<2016年10月2日>

就是誰都替代不了

誰も代わることなんてできない

exo-kai-knk-20161002-05

 

exo-kai-knk-20161002-06

 

exo-kai-knk-20161002-07

 

 

 

 

<2016年10月2日>

You are the lucky charm that I want to keep the most.

あなたは私の最も大事な
ラッキーチャーム

exo-kai-knk-20161002-10

 

exo-kai-knk-20161002-11

 

exo-kai-knk-20161002-12

 

exo-kai-knk-20161002-13

 

 

 

 

<2016年10月8日>

無限溫柔裡的漫長時光
一直都在

限りなく優しい時間の中の長い長い時間
ずっと、そこにある

exo-kai-knk-20161008-01

 

exo-kai-knk-20161008-02

 

exo-kai-knk-20161008-03

 

exo-kai-knk-20161008-04

 

 

 

 

<2016年10月10日>

總要有些隨風,有些入夢,還有些常留在心中

わずかに風になびいて
わずかに眠りについて
わずかに心にあり続けて

exo-kai-knk-20161010-01

 

exo-kai-knk-20161010-02

 

exo-kai-knk-20161010-03

 

exo-kai-knk-20161010-04

 

 

 

 

<2016年10月10日>

Distance is just a test to see how far love can travel.

「距離」は
愛がどこまで行くことができるかを試す
試験のようなもの

exo-kai-knk-20161010-05

 

exo-kai-knk-20161010-06

 

exo-kai-knk-20161010-07

 

exo-kai-knk-20161010-08

 

 

 

 

<2016年10月11日>

淡淡的,溫柔的,卻格外明亮的

はかなくて
やさしくて
でも、とても明るいもの

exo-kai-knk-20161011-01

 

exo-kai-knk-20161011-02

 

exo-kai-knk-20161011-03

 

exo-kai-knk-20161011-04

 

 

 

 

<2016年10月22日>

候鳥飛多遠,也想念著南方。
有些人,在心底從來沒忘記。

渡り鳥は遠く遠く飛ぶ
南方を想い焦がれて

心の中にずっと忘れずにある
そんな人もいる

exo-kai-knk-20161022-01

 

exo-kai-knk-20161022-02

 

 

 

 

<2016年10月23日>

Happiness is like the sunshine, maybe you can not touch it, but it’s always beside you. 

幸せは、太陽の光と同じ
触れることはできないけれど
いつも、あなたのそばにある

exo-kai-knk-20161023-01

 

exo-kai-knk-20161023-02

 

exo-kai-knk-20161023-03

 

 

 

 

<2016年10月25日>

If I could turn back time, I’ll go wherever you will go.

もしも時間を引き返せるのならば
私は
あなたが行くところならば
どこにでも行く

exo-kai-knk-20161025-01

 

exo-kai-knk-20161025-02

 

exo-kai-knk-20161025-03

 

 

 

松の内を過ぎてしまいましたが、改めまして新年おめでとうございます。昨年お世話になった皆様に挨拶もできず、年を越してしまいました。

完全放置のブログですが、今年もマイペースに、少しでも更新したいです。

 

去年は、任せられる仕事量もだいぶ増えて、本当に必死に仕事に取り組んだ一年でした。土日も何だかんだ仕事で潰れることが多かったので、常に緊張感が続いているような感覚でした。

結果からいうと、私は去年、EXOのツアーに行くことができませんでした。私にとっては、今回のツアースケジュールは、あまりにも並びがきつかった。そんな状況だったので、今回はチケットも事前購入はしていませんでした。

 

なんとか東京ドームには…と思っていましたが、仕事のスケジュール的にどうしても会社を抜け出すことができなかったんです。

ドーム当日は、「行けるか?行けないか?」とそわそわしながら直前までチケット譲渡をチェックしていましたが、無理でした。せめて大阪には…と思っていましたが、その週末も仕事が入ってしまい、EXOのツアーは、参加できないまま終了してしまいました…。

 

何となく、自分でも無意識のうちに行けないと諦めていたんだと思います。心が強く願わないことは、神様も手助けしてくれないと思っています。

 

だから、本当に奇跡的に12月後半に、一切の持ち帰り仕事もなく、土日休みがとれる日に、急きょsodagreenのスケジュールが決定し、遠征することができたりして、「想いが現実を作る」なんて言うことを改めて実感しました。

 

2016年は、デビュー当時から10年以上、ずっと応援しているsodagreen(蘇打緑)が、この年の活動を持って3年間活動休止することが決定しました。何となく予感していたけれど、とても寂しい気持ちと、少し休んでほしい気持ちがあったので、1年の時間をかけて彼らがライブツアーでファンに感謝の気持ちを伝えられて本当に良かったと思います。

そんなこともあって、私も10月には校了直前にも関わらず、比較的長めの有給をとって台湾台東で行われたsodagreenのライブを観に行きました。ステージでずっと涙を流す青峰を見ていたら、愛おしさと寂しさに襲われて、楽しいライブだったのに、悲しくて泣けてきました。

2016年は、合計3回彼らに会いに行くことができました。

もっと熱心なファンの方からしたら本当に少ないけれど、でも自分なりのベストを尽くしたので後悔はないです。
3年後の彼らの復活を、待てる気がします。

 

そんな感じの1年だったし、KAIさんのことを応援する気持ちが揺らぎまくった1年でもあったので、ライブツアーに参加できなかったことも、自分の熱意の問題が大きいのかなと思います。

 

そして、2017年。
今年の目標は、「痩せる」と「KAIに会いに行く」です。去年、個人的な目標を「読書」にしましたが、なんと10Pほどで止まっており、プライベートで読破した本は結局0冊でした。これはいかんので、「痩せる」は達成したいです。

そして、「KAIに会いに行く」。
まずは5月のファンミです。
取材とかは自分の都合ではどうしようもないけれど、少なくとも自分でできるリスクヘッジはして、スケジュールを確保したいです。行きたい、行けると願うことが大事だと思います。

 

毎回、「EXOのファンミはつまらない」と割と本気で感じているのですが、何より、「メンバーの中でKAIさんが一番つまらない?」「KAIさんはファンを楽しませる気がない?」と毎回思っているのですが、でも、そんなことを置いておいて、KAIさんに会いたい、ただそれだけです。

昨年は5月のファンミでしか見られていないので、KAIさんの存在確認をしたいし、KAIさんが踊る姿を見たいし、KAIさんの笑顔を見たいです。

 

昨年の4月以降、どんな話をすればいいのかわからなくなってKAIペン・EXOペンのお友達と連絡を取ることが減り、EXO系のtwitterアカウントを開くことが減り、リアルタイムでEXOの活動を追う時間が減りました。

仕事が更に忙しくなったことも大きな理由だけど、本当に好きなら、徹夜してでも、仕事を休んででもKAIさんのことを追っていたはずで、やっぱりその気力がありませんでした。それに尽きると思います。

 

気持ちが悪いことを言いますが、KAIさんは、私の心の中の宝物だったんです。KAIさんが心の中にいることが、本当に心強くて、どんなに大変でも頑張れる気がして、そして、何より、自分の心の中に、こんなに素敵な宝物の存在がいることが、誰かに自慢したいほど誇らしいと思っていました。

 

だから、去年は本当にしんどかった。

KAIさんが下らない人間に見えてしまって、裏切られたような気がしてしまって、他のメンバーの方がずっと誠実で魅力的だと思って。

他のメンバーのペンの方たちを、本当に妬ましくも思いました。

青髭ケツ顎非亜細亜的初恋ウカレポンチプール密会怪我野郎(そろそろ言い過ぎ)を選んでしまったことが何度も恥ずかしくなって、何度もKAIペンって名乗るのを辞めたいと思いました。

 

でも、心に甘えが生まれてしまった時に、いつも気持ちを引き締めてくれるのは、やっぱりKAIさんが教えてくれた心の姿勢でした。特に仕事中は、いつも。

与えてくれたものが大きすぎて、KAIさんから離れることなんてできない。

 

やっぱりKAIさんが一番光って見えるし、KAIさんほど、心が苦しくなるアイドルはいません。

 

今更ながらKNKさんの投稿を振り返ってみて、10月のKNKさんの言葉は全部好きだと思いました。KAIさんに抱く、様々な気持ちを、ひとつずつ丁寧に確認させてもらうような、思い出させてもらうような、そんな感覚。

 

特に、

就是誰都替代不了
誰も代わることなんてできない

は、「本当にそうだなあ」と、しみじみ。
KAIじゃなきゃだめなんです。

 

そして、

在這個世界上充滿了無數閃閃發光的思念
この世界には
数えきれないほど
きらきらと輝く想いが溢れている

 

実際は、この世界には辛くて悲しくてもどかしいことも溢れているけれど、でも、本当に、「きらきらと輝く想い」も溢れている。

KAIさんは、これまで何度も、私にそう実感させてくれました。

 

2017年は、自分自身も明るい方向を見つめたいと思うし、何より、KAIさんが、光さす道だけを歩けることを心から願います。

KAIさんにとって幸せな1年になれば、私にとっても幸せな1年になると思います。

KAIさんの幸せは、私の幸せです。

 

8 people like this post.