無題

あなたの心に潜り込んで、 あなたと一緒に成長する

 

 

KNKさんが昨年8月にTwitterにアップされた中国語と英語の投稿を訳させていただきました。

紹介する写真と中国語・英語の著作権はすべてKNKさんに帰属します。また意訳も含まれます。直訳ではありません。

意味をとらえるのが難しい詩的な表現もあり、誤訳もあるかもしれません。そして、KNKさんの想いを想像し、直訳ではなく意訳している部分もあります。

あくまでも個人ブログであることをご理解願います。

 

 

 

<2017年8月7日>

我不求凜冬的暮色天光,只乞你胸前的微束心火 

私が欲するのは、
厳しい冬の日の夕暮れの空ではなく

あなたの胸に光る激しいライトの光

exo-kai-knk-20170807-01

exo-kai-knk-20170807-02

exo-kai-knk-20170807-03

exo-kai-knk-20170807-04

 

 

 

 

<2017年8月7日>

How wonder life is while you’re in the world. 

あなたがこの世界にいる時間を
過ごすことができる。

人生は、なんて驚くべきことなんだろう。

exo-kai-knk-20170807-04

exo-kai-knk-20170807-03

exo-kai-knk-20170807-02

exo-kai-knk-20170807-01

 

 

 

 

<2018年8月9日>

Feel the flame of dreaming and the moment of dancing,when all the romance is far away,the eternity is always there

夢見る炎とダンスの時間を感じろ。
全てのロマンスが遠くにある時、
永遠はいつもそこにある。

exo-kai-knk-20170809-01

exo-kai-knk-20170809-02

exo-kai-knk-20170809-03

exo-kai-knk-20170809-04

 

 

 

 

<2017年8月13日>

感謝你成長成一個這麼好的樣子,笑眼盈盈地,讓我看見。

あなたがこんなに素敵な人になって
嬉しそうな笑顔を見せてくれることに
感謝します。

exo-kai-knk-20170813-01

exo-kai-knk-20170813-02

exo-kai-knk-20170813-03

 

 

 

 

<2017年8月14日>

Always smile, because you never know who’s falling in love with your smile.

いつも笑顔でいてね。
だって

いつ誰があなたの笑顔に恋しているかなんて
わからないでしょう?

exo-kai-knk-20170814-01

exo-kai-knk-20170814-02

exo-kai-knk-20170814-03

 

 

 

 

<2017年8月16日>

愛情不是陽春白雪,它可能只是在一個恰當時機鑽進你心底的一條可愛的小蟲,陪著你一同生長。

「愛情」とは高尚な文学ではなく
たぶん、それは小さな一匹の虫のようなもの。
あなたの心に潜り込んで、
あなたと一緒に成長する。

exo-kai-knk-20170816-01

exo-kai-knk-20170816-02

exo-kai-knk-20170816-03

 

 

 

 

<2017年8月24日>

心裡一塊柔軟的地方

こころの中の、柔らかな場所

exo-kai-knk-20170824-01

exo-kai-knk-20170824-03

exo-kai-knk-20170824-02

 

 

今更ながら8月のKNKさんの投稿を記事にしているこの状況。昨年の10月からブログを書いていませんでした。

そして1月14日のKAIさんの誕生日も、仕事でバタついてしまい書けませんでした。

 

世界中のKAIペンとEXOペンが、KAIさんの幸せを祈る日。

 

この日はいつも、世界中から、元気玉のような、強くて温かいエネルギーが、KAIさんに一気に向かっているような、そんな気がする日です。そのエネルギーは、まるでKAIペンの端くれの私にまで届くようで、本当に幸せな日。

 

今年は、ブログでお祝いすることはできなったけれど、でもやっぱり願いました。KAIさんが怪我なく、幸せな気持ちでステージに立てて、絶対に後悔しないパフォーマンスができますように。

 

そして何より、KAIペンの皆さんが笑顔でいられる1年になりますように、と願いました。KAIが幸せなら、KAIペンも幸せであるべきで、それが常に一致していたらいいなあ、と思いました。

 

KAIペンになった時はちょうど仕事を辞めたタイミングで、進むべき道に悩んだ時にKAIの存在が光を照らしてくれました。そして、就職後に心が腐りそうになった時も、好きなことに迷うことなく、謙虚に向き合えるKAIさんが羨ましくて、少しでも近づけたらいいなと思いました。この3年と少しの時間は、KAIを知って、KAIが心の中にいた時間でもあるんだなあと、しみじみ思います。

 

元々熱狂的ファンになりやすくフットワークも軽いので、高校時代と大学時代はロキノン系バンドのライブに行きまくり、社会人になってからは忙しいにも関わらず東方神起やsodagreenのライブやイベントに遠征で行きまくり…。

 

そんなファン生活を過ごしてきたので、今のようなスタンスのKAIペン状態を、どうしても自信を持ってファンとは言えずにいます。「ファンたるもの、いかにその人に時間とお金を使うか」だと思ってしまう部分もあって。

 

だから、3年間KAIさんのことを好きでいてもなんだか後ろめたい。でも同時に、今は忙しさも違うし、以前のように誰かを好きになるエネルギーは、もう生まれないともはっきり分かるので、このスタンスで、自分のペースで、ゆっくりKAIさんのことを応援していけたらいいなと思います。

 

気づけば今の仕事を始めて3年が過ぎていて、過ぎ去る時間の速さを改めて感じます。

言い訳にしている部分もあるかもしれないけれど、去年は本当に忙しかった。自分ができることが少しずつ増えてきていて、人から頼られること、会社に貢献できることも変わってきていると実感できているのは嬉しいことですが。

でも、今年もすでに、ハイペースで仕事が進んでいます。疲弊もしている。

 

去年私はどれくらいKAIさんのことを応援できたんだろう。

ライブに行けず、年末の受賞レースも観られず、結局『アンダンテ』も集中して観る時間を取れないままだし、『春が来た』も1話だけ。リアルタイムでは観られなそうな予感が既にしています。

 

それにしても、『春が来た』のKAIさんの日本でのプロモーションラッシュはすごかった。

WOWOWが普段、ドラマでこれだけのプロモーションをかけることは非常に少ないので、いかにKAIさんに期待が掛けられているかを実感しました。そして、雑誌の取材ラッシュも想像していた以上でした。KAIさんのような特徴的な顔や存在感って、正直韓国の個性強めのスタイリングだから映えると思っていたので、日本のスタイリングにも適応できているのはすごく嬉しかったです。

ドラマでも雑誌きっかけでも、KAIさんのことを知った人が、少しでもKAIさんの魅力に気づいてくれるといいなと思います。

 

 

いよいよ今週末になったさいたま スーパー アリーナでのライブ。私は撮影が入る可能性が非常に高く、行けるかまだ不明です。チケットも買えておらず、行けることになったらお譲りでチケットを探そうかという状況です。せめて1日でもいいから行きたいなあ。KAIさんの幸せそうな笑顔を見たいなあ。

 

 

そして、少しだけ。
ジョンヒョンのこと。
音楽の素晴らしさを伝えてくれてありがとうございました。
真摯な姿を忘れません。

 

 

KNKさんのこの言葉。

 

愛情不是陽春白雪,它可能只是在一個恰當時機鑽進你心底的一條可愛的小蟲,陪著你一同生長。

「愛情」とは高尚な文学ではなく
たぶん、それは小さな一匹の虫のようなもの。
あなたの心に潜り込んで、
あなたと一緒に成長する。

 

とても共感します。

思い込みでもいいから、KAIさんに寄り添って、一緒にゆっくり成長していく。焦らず、後ろめたさや不安を持たず。

 

KAIが笑顔でいてくれることが、いかに幸せなことなのか。

それを忘れずに、今年もマイペースでKAIペンを続けます。

 

30 people like this post.