タグ別アーカイブ: jongin

時間が習慣も味覚も全部変えたけど、それでも今もあなたが好き

 

KNKさんが今年7月にTwitterにアップされた中国語と英語の投稿を訳させていただきました。

紹介する写真と中国語・英語の著作権はすべてKNKさんに帰属します。また意訳も含まれます。直訳ではありません。

意味をとらえるのが難しい詩的な表現もあり、誤訳もあるかもしれません。そして、KNKさんの想いを想像し、直訳ではなく意訳している部分もあります。

あくまでも個人ブログであることをご理解願います。

 

 

 

<2017年7月7日>

it’s your time to, it’s your time to shine

あなたの時間
あなたが輝く時間が始まる

exo-kai-knk-20170707-01

 

exo-kai-knk-20170707-02

 

exo-kai-knk-20170707-03

 

exo-kai-knk-20170707-04

 

 

 

 

<2017年7月9日>

這世上美好的東西太多了,
美食美景音樂佔一半,
剩下的一半是你

この世界には
美しいものがたくさんある
半分は、おいしい食事、美しい風景と音楽
そしてもう半分は、あなた

exo-kai-knk-20170709-01

 

exo-kai-knk-20170709-02

 

exo-kai-knk-20170709-03

 

exo-kai-knk-20170709-04

 

 

 

 

<2017年7月9日>

It’s your universe. 

あなたの宇宙

exo-kai-knk-20170709-08

 

exo-kai-knk-20170709-05

 

exo-kai-knk-20170709-06

 

exo-kai-knk-20170709-07

 

 

 

<2017年7月10日>

天使在人間是該藏好翅膀

人間界では
天使は羽を隠さなくちゃいけない

exo-kai-knk-20170710-01

 

exo-kai-knk-20170710-02

 

exo-kai-knk-20170710-03

 

 

 

 

<2017年7月10日>

那年夏天,
隨便刮來的風都能吹開你的笑容,
那年夏天,
你有魚,有花,有野果子,有風箏,還有笑容。

你什麼都有,除了煩惱

あの年の夏
自由に吹き付ける風はあなたを笑顔にした
あの年の夏
あなたは、魚も、花も、果物も、凧も、そして笑顔も全て持っていた
あなたは何でも持ってる
悩み以外は全て

exo-kai-knk-20170710-04

 

exo-kai-knk-20170710-05

 

exo-kai-knk-20170710-06

 

exo-kai-knk-20170710-07

 

 

 

 

<2017年7月14日>

原來我鍾意的,是你那份多年依舊的少年感

私が好きなのは
あなたに相変わらず残る少年らしさ

exo-kai-knk-20170714-01

 

exo-kai-knk-20170714-02

 

exo-kai-knk-20170714-03

 

 

 

 

<2017年7月17日>

草莓味換成了巧克力
熱牛奶變成了黑咖啡
脫下布鞋穿上高跟
時間讓習慣口味都變了
我還是喜歡你

イチゴ味をチョコレート味に交換して
ホットミルクがブラックコーヒーに変わって
スニーカーを脱いでハイヒールを履く
時間が、習慣も味覚も全部変えたけど
それでも今も、あなたが好き

exo-kai-knk-20170717-01

 

exo-kai-knk-20170717-02

 

exo-kai-knk-20170717-03

 

exo-kai-knk-20170717-04

 

 

 

 

<2017年7月24日>

只要你別走的那麼快,要相信我會去找你

あなたがそんなに早く行かないでくれるなら
私はあなたを探しに行ける

exo-kai-knk-20170719-01

 

exo-kai-knk-20170719-02

 

exo-kai-knk-20170719-03

 

exo-kai-knk-20170719-04

 

 

 

 

<2017年7月25日>

所謂特別,大概是一個人就是一個世界。
走進去就會看到,
他們的世界裡有清泉也有玫瑰,
遠方有光,有你喜歡的一切

たぶん、「ひとり」は「ひとつの世界」だと思う
その人の世界の中に進んで行けば
美しく湧き出る泉、薔薇の花、遠くの光…
あなたが好きなもの全てを見ることができる

exo-kai-knk-20170725-01

 

exo-kai-knk-20170725-02

 

exo-kai-knk-20170725-03

 

exo-kai-knk-20170725-04

 

 

 

 

<2017年7月26日>

無論在哪里遇到你,我都會喜歡你的。

どこであなたに出会ったとしても
私はきっと
あなたのことが好きになる

exo-kai-knk-20170726-01

 

exo-kai-knk-20170726-02

 

exo-kai-knk-20170726-03

 

 

 

 

<2017年7月26日>

或許有點辛苦,
但是很幸福吧!

苦しいこともあるかもしれない
でも、すごく幸せでしょ?

exo-kai-knk-20170731-01

 

exo-kai-knk-20170731-02

 

exo-kai-knk-20170731-03

 

exo-kai-knk-20170731-04

 

 

今日からやっと観ています。KAIさんの『アンダンテ』

やばい、泣ける。
何に泣けるのかって、KAIさんの演技が泣ける。

 

演技の神様ありがとう!!!
やっとKAIさんに振り向いてくれたのね!!!
大根っぷりが確実に息をひそめてきてるよ!!!

 

って今も『アンダンテ』を観ながら演技の神様にひたすら感謝してます。

 

アイドル演技でしかないのは十分承知だし、『アンダンテ』自体のストーリーもお決まりの嫁姑問題、学校問題、貧困問題なんかを織り交ぜながら、「人の生と死」をプラスで味付けしてるって感じで、全体的にサラーっと安っぽいストーリーと映像なのに、なんだか泣ける。(多分予算も本当にないドラマだと思う)

 

KAIおたく目線で見ると、KAIの演技がひたすら素晴らしい!

★ゲームと勉強をさぼることにしか能がないダメダメ学生シギョン
★同級生にボコボコにされても仕返しできない弱虫シギョン
★迷惑かけてばかりなのに、本当は母親思いのシギョン
★生意気な妹でも実はすごく可愛がっているシギョン
★謎の美少女に鼻の下を伸ばすシギョン
★本当は心優しい、人の痛みがちゃんと分かるシギョン

 

KAIさんが演じている人とKAIさんに共通点があるのかないのか、私にはわかりませんが、でもKAIさんがシギョンという人を受け入れて理解し、シギョンの個性をストーリー通り忠実に誠実に演じているということは、よく分かる。

 

ストーリーはこれからもっと掘り下げていくのかもしれないし、このまま表面をさらっただけのアイドルドラマで終わってしまうかもしれない。ラブストーリーもメインテーマだろうし。

 

先の展開まではわかりませんが、でも、この作品でシギョンという人を演じたことで、KAIさんという人の器がきっと大きくなっただろうなあと感じます。(わずか3話で私は何を分かった気になっているのか…)

 

でも、韓国に住む、学校のこと、家族のこと、将来のこと、恋愛のことで年相応に悩んで成長するシギョンの姿は、私にとってすごく新鮮で、実際のKAIってこんな感じなのかなあ、と想像しながら観ると本当に幸せ。

 

ステージで魚のように、気持ちよさそうに踊る唯一無二のKAIさんのことを私は知ってる。
ゲスい、こいつマジ無理って思わせたKAIさんのことも私は知ってる。

極端にふり幅が大きい部分を観るしかなかったので。

 

でも、このドラマは、シギョンといわゆる「普通の」「普段の」KAIのことを重ねて観られるぐらい、自然で普通。すごく、KAIさんらしく演じてるんだよなー。

 

とはいえ非KAIおたくが観たら大根でしかないKAIさんだけど、KAIさんも気を許すと、どうしてもEXO KAIのオーラ?8頭身のスタイル?青めのお鬚?ににたん?が顔を出して、何よりシギョンのポンコツっぷりはKAIさんそのままではないかと思ってしまうほど似ている部分もあって、KAIさんの隠しきれないオーラと愛されポンコツ男っぷりだけ観ていても楽しめる作品。

 

 

性格がハッキリしている善人な登場人物が多くて、セリフ回しもちゃきちゃきしていて気持ちがいい。

 

厳しい寒さの中でKAIが一生懸命撮影をしていたことを思い出すだけで、「やっと放送できてよかったねー」と思うし、演技へのベクトルが低かったKAIが、作品を経るごとに前のめりになっている姿を観られるのもうれしいし、それが、糧となって、KAIがステージで更に輝くことができたら、それが何よりうれしい。

 

 

私は、KAIにずっとずっとアイドルでいて欲しいと思います。

アイドルというのは、いつも誰かの心を奪って、夢中にさせる人。

 

アイドルにも様々な在り方があると思うけれど、KAIに対しては、いつも遠くて、はかなくて、正しく美しい人であって欲しいです。夢を見せ続けて欲しい。

 

最初にKAIに夢中になった時の姿を求めてしまいます。だから私は普段のKAIにあまり興味がないのだと思う。

ポンコツKAIさんも、もちろん好きだけれど。
どんなにゲス野郎と思わせられても、KAIはそれでも夢を見させてくれる人だと、私は信じているんです。

 

 

KNKさんの7月の言葉の中で、この2つが大好き。

草莓味換成了巧克力
熱牛奶變成了黑咖啡
脫下布鞋穿上高跟
時間讓習慣口味都變了
我還是喜歡你

イチゴ味をチョコレート味に交換して
ホットミルクがブラックコーヒーに変わって
スニーカーを脱いでハイヒールを履く
時間が、習慣も味覚も全部変えたけど
それでも今も、あなたが好き

 

或許有點辛苦, 但是很幸福吧!

苦しいこともあるかもしれない
でも、すごく幸せでしょ?

 

ぶれないし、KAIさんのことをちゃんと理解してる。
この先もずっと「好きでいる」って言葉にしている。
私も、ゆるいながらもKAIペン生活3年が経過しました。早い。びっくり。

大事な時間だなあと思います。

 

 

ルハンの「これ俺の彼女」宣言。
パンチがありました。
私はルハンペンではないし、何かを言うつもりはないけれど、それでもやっぱり、ルハンがいるEXOの未来を見てみたかったです。

きっと、今とは違う形だったから。それは今でも心底残念に思います。

 

ちょうど2年前。10月10日に脱退したルハン。

EXOでいた時間よりも、EXOを離れた時間の方が長くなったとしても、そして本人の気持ちに関わらず、ファンはルハンのことを忘れることができないんだよなあ。

本当は見られたはずの素晴らしい未来を、諦めることができないんだよなあ。

なんてことを、思いました。

 

 

少女時代も、大きな変化の時が来たみたいで。。

SMでいうと、私がデビューからちゃんと見れているのが、東方神起とSuper Junior、少女時代、SHINeeで、それはイコール自分にとってのK-POP黄金時代なので、とても寂しい気持ちに襲われています。時間の経過を改めて感じます。

 

12 people like this post.

『EXO-L-JAPAN presents EXO CHANNEL”EXO CUP”』20170514

 

確か去年、このブログのカイスタルの投稿にだと思うのですが「頭おかしい」っていう非常にシンプルなコメントを無記名でもらったことがあるのですが、そのコメントを読んだ時「まさに!」ってちょっと笑ってしまいました。

だってその通りだもん(笑)

 

恐らく私に対して悪意を持ってのコメントだと思うのですが、的を得すぎてて、むしろちょっと面白いと思ってしまった。

このブログを始めてから、私の生意気で無知な発言に対して不快に思う方から何度か厳しいコメントやメッセージをいただいてきましたが、基本気にしません。ここはあくまでも個人の想いを書く場所なので。ただ、自分の発言が誰かを傷つけたり、不快に思わせてしまうこともある、ということは常に自覚しながらブログを書いています。

 

でも、この「頭おかしい」コメントにはある意味感謝していて、このブログで感情がアップダウンした記事を書くたびに、「ほんと私大丈夫か?」って自分でも薄々感じていたことなので、むしろ第三者からそんな客観的な評価をもらえてほっとしたぐらい。原因不明の体調不良に病名が付くとほっとする、ということに似ているのかな?

 

もしかしたらほかのグループの、ほかのアイドルのファンになっていたら、応援スタンスは違ったと思うのだけど、KAIに関しては思い詰めてしまうんだよなー。

これまで、カケモ含め何グループかのファンになってきましたが、敢えて言えばの推しはいましたが、どちらかと言えば、全部メンバーのいちゃこらに萌える、ただただ可愛い、ただただ格好良い、ただただ応援したい、って感情が強かったので、思い詰めることはなかった。でもKAIに対しての感情は初めてで(ブログを始めるくらいだもんね)、整理できません。

 

でも、何となく、ひとつだけ分かるのは、私がKAIほど心動かされるアイドルはいない、ってことです。それはもう、苦しいほど実感してる。KAIに出会ったタイミングも重要だったんだろうなあ。答えを探していた時に、自分の道を決めてくれたのがKAIだったので、そして、今も力になってくれるのがKAIの存在なので。

 

あと、KAIペンを続けているのは意地です(笑)

だって、「しまったー!KAIってハズレくじだったのか?私選択誤った??」って思いたくないじゃん(実は際どいところで思うことは、よくある)。

KAIより実力があって、KAIより性格が良くて、KAIよりビジュアルがいいアイドルは、EXO内はもちろん、KAIが戦うフィールドにたくさんいることももちろん知っているけど、「私はKAI!」って決めたんだもん。

だから、意地です。

そして、愛着。愛情。期待。

 

 

プデュは観ていませんが、タイムラインに流れるみなさんのコメントを読んでいたら、「アイドルって何だろう?」って改めて考えてしまった。

ダンス?
歌?
ビジュアル?
性格?

ひとりのアイドルを評価する時に、もちろん大衆の評価がその人の印象を形成するものになるとは思いますが、それだけじゃないんだよな。ファン個人が置かれている状況や単なる好みなどで、「好き・嫌い」は実は非常に簡単に決まるというか。だから、大衆の評価でアイドルを好きになる人って実は多くはないのではと私は思っています。

なんて当たり前のことを言葉にすると逆に訳が分からなくなるみたいです。要は、アイドルは頭で考えてファンになるものではない、ということでしかないのだけど。

 

 

で、前置きが非常に長くなってしまいましたが、行ってきました!

5月14日の第2部の『EXO-L-JAPAN presents EXO CHANNEL”EXO CUP”』

KAIを観られた時には、ちゃんとKAIの頑張りを残さないとという勝手な義務感で宿題を常に残している感じ。もう一月以上前のことになってしまいました。時間の経過の早さよ…。

 

 

自分にとっては前日に引き続き2日目のファンミでしたが、席は超神席でした。

一列目のKAI側。ステージにいる時はほぼずっと、KAIが目の前にいるような感じ。2015年のファンミでもそんな席に座れましたが、私の場合当たり外れが非常に大きいみたいです。

100か0かって感じが多い気がする。

 

 

ということでKAIのことをずっと観られました。

ゲームをするKAI、トークをするKAI、ダンスをするKAI。
全て、肉眼ではっきり観ました。

でも、トークの時にチャニョルがギョンスにちょっかいだすと、覆いかぶさる感じになってしまってカイが見えなくなるというターンが何度かあって(笑)、「ちょっとチャニョル~!」と、嫉妬女みたいな感情が生まれてしまった。

 

でKAIさんですが、やっぱり去年のファンミでのKAIさんのこと、そして自分の整理できない感情もはっきり覚えているからか、それと比較すると今年のファンミのKAIさんは非常にリラックスできているのかな、という印象。トークとゲームでは相変わらず子供っぽくてマイペースなKAIさんが盛りだくさんでした。

(それに対して、寛大な心でKAIさんにデレることはまだできない、そんなこじらせKAIペンは私です…)

 

 

「TALK CHANNEL」の回では、今更なので具体的なエピソードを省きますが、ここで明らかになったのは、KAIさんの人望のなさ!

テーマに対して、人格者としてメンバーからもファンからも祀り上げられるギョンス(さすが!)と、メンバーからもファンからも下げられまくるチャニョルやセフン(おいしい!)と比較して、ほぼ常に良くも悪くもない位置にランクインしてしまうKAIさん。

メンバーからもファンからも、上げられることも下げられることもない、要するにネタにならない人なのだと痛感。

 

分かっていたけど、分かっていたけど、、、KAIさんって本当に人望がないのかもしれない…もしくは愛されていないのか?って勝手に傷つくKAIペンが私。

 

というのは嘘で、そんなの今更。

というかKAIさんは、祀り上げられる人格者ではないし(特にカイスタル事変以降は落下するのみ)、何よりいじっても反応が面白くないんだよね。特にメンバーにとってはそうなんだろうなあ。こじらせKAIペンの私でも、KAIが笑わせようと意図したことで笑ったことはないし、面白いとは思ったこともないもんね。

 

「うちの推しはもしかしてつまらないのか?」

と思っていたけれど(というか既に十分認識しているけれど、毎回ファンミでそれをKAIペンに痛感させて深い傷を負わせるKAIさんドイヒー…)

 

 

 

で、KAIさんが(KAIペンを傷つけただけで)何の存在感も残せないまま、ゆるやかに「TALK CHANNEL」が終了し、「GAME CHANNEL」へ突入。

ここでもKAIさんはイライラするほどマイペースでした(これでも褒めてる)。

 

KAIさんの得意分野!イラストコーナーです。

「ボールを使ったスポーツと言えば?」のお題に対して、サッカーを選択したKAIさん。KAIさんはタイムアップしても書き続けるといういつものマイペースぶり(これでも褒めてる)。

 

で、多くのメンバーが時間内でちゃんと書き終え、サッカーボールそのものを書いている人が多かった。その中で、KAIさんは、わざわざ時間を延長してまで、サッカーゴールを前にボールを取るゴールキーパーを描くという手の込みよう。そろそろアンチ魂が発動しそうな私は「この人面倒くさー」って思ってしまった。

 

カイスタル以降は、吊り橋を渡るような不安定な心境でKAIを応援している(応援できているのか正直怪しいけど…)ので、自分がイラッと来るポイントが確実にあって、ちょっとの吊り橋の揺れで、「KAIしかいない❤」ってなったり、「あれれ?この人イラッとする❤」を日々繰り返しています。

私にとっては「僕は絵が得意です!(ドヤァ)」もなんですが、「この人空気を読めないな(そのこだわりはファンミを盛り上げることに大きな意味を持つのか?いや持たない)」っていう時に、イラッとくるみたいです。

 

「私はカイスタル事変を忘れないよ?」っていうスタンスなので、まだまだ「KAIさん謙虚であれ!迷惑を掛けたメンバーの為に頑張れ!傷つけたファンの為に頑張れ!」って思うので(私一体誰?)。だから空気が読めないKAIさんのマイペースさが、今はちょっと苦手。

 

前はそこもKAIさんのダメダメで愛おしい部分だったのに。

KAIさんのマイペースな性格も、私の大事な宝物だったよ?(ここでまた古傷が痛む)

 

と恨み節は続きますが、それでも、コンタクトをしていないのか?と思うぐらいボードに目を近づけて猫背で絵を描くKAIさんの姿は、これまで色々な何かを描くシーンで目にしてきたKAIさんそのままで、「KAIさん変わらないなあ」と思ってぐっとくるものもあったり。キム・ジョンインはつくづく罪深い男だと実感。

 

KAIさんには天性の愛されオーラがやっぱりあって、ジェスチャーでテーマをトロッコで遠くにいるメンバーに伝えるゲームでは、これはKAIさんの為のテーマかと思ってしまう「フィギュアスケート」がお題になった時のKAIさんのドヤ顔が凄かった!

同じチームで遠くのトロッコにいるシウミンとチェンチェンに対してドヤ顔&大声で「シウミニヒョンを勝たせてあげる!(ドヤァ)」と一言。

 

そしてお得意の「バレエ経験者です!」の看板を引っ張り出して、ステージできれいに回る回る。「それスケートっていうか、バレエじゃん!」って私は心の中で突っ込みましたが、KAIさんがドヤ顔で嬉しそうだったので、ぐっと飲み込みました。

そして、幸いにして、シウミンとチェンチェンは大正解!

というか全チーム正解していたけれど。

 

カイスタル事変であんなに生々しい写真を全世界に発信したくせに(まだ言う。何度でも言う)、急にマンネ感を出されると、死にぞこないのKAIペンとしては、そのふり幅をどう判断していいのか分からなくて、イラッとしたり悶えたりで混乱してしまう。まあ、イラッとしつつも、可愛いのだけど。

色々な意味で、KAIペンでい続けるのは本当に大変…。

 

 

でファンサですが、どのメンバーもよく見えました。

私は最終日は神席だったので、近さ・ファンサの満足度はもちろん高かったけれど、2日目は後ろの方の席でしたが、置いてけぼりをされている感覚は無くて、満足度が高かったです。

 

メンバー全員、本当にファンのことをよく見てる。そして、みんな、自分のファンか他のメンバーのファンかで差別することなく、ちゃんとファンの目を見て、ひとりに偏ることなく万遍なくファンサをしていました。

2年前には、「まだまだだなあ」とブログで感想を言ってしまった全方位への配慮が、みんなできているなあと感動。

 

個人的な感想ですが、その中でもチェンチェンとシウミン、スホのファンサはもう一切の隙もないというか、ファンひとりひとりに対して本当にじっと見て、そして笑顔を送るというか。うまく言えないのですが、非常に愛情を込めた丁寧なファンサでした。

 

セフンやベッキョンは誰よりも全方位に気を配っている感じ。時々、すごく冷静な表情で見渡す様子があって、それはそれで、私はアイドルとしてのポテンシャルの高さを感じました。

 

ギョンスはいつも思うけれど、皇室の方かと思うぐらいの上品で高貴(意味同じ?)なお辞儀にぐっとくる。ギョンスがEXOにいる、それだけで尊いと毎回思う。

 

そしてチャニョル。チャニョルは私の中ではEXOの人気NO.1メンバーなのですが(ムルコギ調べ)、それを裏付ける人柄、愛されキャラ、セフンやベッキョンに似た冷静さをバランスよく持ってファンサができる人だなあと実感。

 

そしてKAIさん。

KAIさんは、時には純粋無垢な表情で、時には何かを慈しむような本当に優しい表情で、時にはオッパみを発揮したドヤ顔の表情でファンサをしていましたが、KAIさんも天性の魅力と冷静さを凄く使い分けているなあと思いました。

 

腐ってもカイペン、死にかけても死にきれないカイペン。
KAIさんと目が会うと足がすくむ。

 

KAIさんはKAIペンに対しては、結構目ざとく見つけてちゃんとファンタスティック(?)なファンサをしてくれる人なんだなあと思いましたが、それはアイドルとして普通のことなので置いておきます。

 

賛否両論あると思いますが、私がKAIさんのファンサでいいなあと思ったことがありました。

前の列にアラフォーぐらいのバブリーな派手ファッションのKAIペンの方たちが固まっていたのですが、テンション高めで、トーク中もうるさく叫んでいて、明らかに浮いていました。全然空気が読めていない感じ。私は彼女たちに正直イラついていたのですが、トーク中もうるさく精一杯アピールしてくる彼女たちに対して、KAIがほぼ無の表情で、なのに結構大きな仕草で手を振りかえしていたのが、私にはぐっときました。

 

ファンサをもらった彼女たちはもの凄く喜んでいたので、それでいいと思いますが(私性格悪い…)、私にはそのKAIの対応は「ちょっと静かにしてね?」に見えました。

 

ただの主観なので真実は知らないよ?

でも私にはそう思えました。だって、それ以降はそのKAIペンさんのKYがだいぶ減ったので(そのファンサである程度満足したのだと思われる)

 

自分だってKAIより年上だし、年齢でペンを判断するつもりは毛頭ないけれど、凄くスカッとしました。KAIさん、さすがに場数を踏んでいるなあと。痛いファンをコントロールする術を知っている。これぞ世界中の女子を虜にするアイドル❤

 

メンバー自身が大きなステージでのパフォーマンスに慣れたこと、主催側のステージ設計が毎回改善されていることはもちろんですが、なんとなくメンバーの精神的な成長が大きい気がして(ここでも私は一体誰?と思う)、EXOがずっと大きな箱でパフォーマンスをし続けられたらいいな、と心から思う。EXOならできるよ!って思いたい。

で、いよいよパフォーマンスが始まります。

このパフォーマンスが終わったら、次にKAIを見られるのはいつなんだろうと思ってしまったので、パフォーマンスが始まる前に凄く緊張してしまいました。

今は、KAIのトークひとつ、パフォーマンスひとつが、KAIペンで居続けることができるかどうかを左右する、ひとつの判断基準になってしまうので、以前よりもひとつひとつに緊張するようになってしまった気がします。

 

ステージに登場したKAIは、やっぱりそれまでの自分勝手&ポンコツなKAIさんの姿を脱ぎ去った、オーラをまとったKAIさん。その瞬間に、私はやっぱりKAIに気持ちをぐっと奪われてしまう。

 

前日に、泣きそうになってしまった「ナビソニョ」。

最終日は、涙を堪えることができずに泣いてしまった。何なのだろうこの感情…。自分でも分からない感情。ただ感動しているだけではないのは、分かる。

 

KAIの筋肉の動きのひとつひとつ、表情の変化ひとつひとつを、やっぱり一瞬でも見逃したくなくて、私はKAIをじっと見つめる。KAIの落ちる汗を見ると、何とも言えない感情が生まれるのも、いつも同じ。

KAIが汗を流す姿を見るといつも、苦しいような、誇らしいような、悲しいような、本当に様々な感情が湧きだしてきて、どう判断したらいいのか分からなくなるんです。

 

KAIを好きになった2014年。
「KAIのことを応援するのは、アスリートを応援するのと同じ」。私はそんなことを感じていましたが、今もそれは変わらない。だから、KAIが汗を流す姿が私にとってはいつも特別なんだなあと思う。

努力の積み重ねと実力が問われるステージという場所で、KAIが戦い続けていると思うからだと思う。

 

KAIが気持ちよさそうに踊る姿にも心奪われるけれど、その反面で戦ってもいるのだと思わずにはいられないから。ステージという花道を歩くことができる人は、ほんのわずか。その重みを感じてしまう。

 

 

 

何度でも言ってしまうけれど、2014年にKAIを好きになった時の気持ちはいつだって鮮明で、KAIのダンスを見ただけで、その気持ちが蘇ります。色あせないんです。

むしろ、時間の経過とともに、2014年以降感じ続けている感情がどんどん積み重なってしまって、2014年の感情がより色を増している感じ。

思い出は、今が辛ければ辛いほど、美化されてしまうから。

 

だから、その時の感情を思い出すことはいくらでもできるのに、その時の感情には戻れないことを痛感して、悲しくなる。

 

カイスタルのことがなかったとしても、同じだと思う。

常に感情を最上級に維持し続けることはできない、そう十分理解しているから、今のKAIさんへの感情に何とか名前を付けようと必死になっているような気もします。

 

その感情を、一気に引き上げてくれるのが、やっぱりKAIのパフォーマンスなんだよなあと、しみじみと思いました。

 

私は、KAIはダンスが上手な人だと思っているけれど、でもKAIよりダンスが上手な人は世界中にいくらでもいると思っています。

狭いK-POP界を見渡しても、KAIより上手な人は本当にたくさんいる。そして、自分の好みでいえば、KAIのような癖が強いダンスよりも、さらっと身軽に踊れる身体能力の高さを感じるダンスが本当は好き。

 

KAIがバレエ経験者と言うたびに正直気恥ずかしくなる。KAIがドヤ顔でバレエを披露するたびに「うーん」と思う。

KAIが魂を込めて作りこんだ「Deep Breath」は正直、最後まで好きになれなかった。ダンススタイルも、コンセプトも古いし、アイドルの域を出るものではない。KAIの自己満足のパフォーマンスに近い、と思ってしまった。だから、KAIが「Deep Breath」に懸ける想いを知れば知るほど、「Deep Breath」を好きになれない、心酔できない自分が嫌で、ますます苦手になってしまった。

そして、KAIがダンスの時にする、過剰とも思える表情演技が少し苦手。too muchとはこのことだと思う。

 

 

でも、技術的なことを置いておいても、それでもKAIのダンスは多くを語るし、これまで感じたことがないような感情が一気に噴き出してしまう。こんなに心を奪われた人はいない。KAIのダンスは私にとって特別。

本当に、それでしかない。

 

数えきれないほどたくさんいるアイドルの中から、「私はKAIを応援する」と決めた理由も、そういうことなんだよなあと、今回のファンミでのKAIのダンスを観て、改めて感じました。

 

頭で判断して好きになるのではなく、誰かと比較して好きになるのでもなく。理由があるようでない。

心を奪われるってそういうこと。
自分にとって、唯一の存在だと思うこと。

 

KAIよりもダンスが上手な人はたくさんいると言いながらも、それでもKAIのダンスはひとつひとつの動きを丁寧にこなしているなあと感動しました。

今回、本当に近くでKAIのダンスを観られたことで、KAIが体の筋肉をどのように使ってダンスをしているのかも感じながら観ることができました。

一見シンプルな動きでも、実は一つの動きの流れの中で、一か所ではなく、体のあらゆる筋肉を使って、しなやかな一連のダンスに仕上げている。頭の先、指先、そして足の先まで気持ちを張り巡らして。

そんなKAIの姿を、時々呼吸をすることも忘れてしまってじっと見つめてしまいました。

KAIのパフォーマンスは、一瞬でも見逃したくないって思う。

 

 

本当は、アイドルはただ「可愛い!格好良い!」って気楽なスタンスで応援したいのだけれど。

そして色々に悩んでいた2014年ではなく、2014年よりはだいぶ余裕を持てている今なら、私は確実にそんな気楽なスタンスで応援できるグループを選ぶのだと思うけれど、KAIを好きになった2014年は、自分の状況を考えると、KAIに心を奪われずにはいられなかったし、そして、KAIに心を奪われて良かったと今も思う。たとえ深い傷を負うことになっても。

そして、私の予感では、KAIにはこれからも傷つけられ続けると思っているけれど。

 

私の中では終わっていないカイスタルのことに対して、私はKAIに泣いて謝って欲しいと今でも思っているし、せめて「カイスタルのことでファンの皆を裏切って、傷つけてごめんなさい」と謝ってくれたら、ファンの感情は少しは救われるのではといつも思ってる。

傷ついたKAIペンも、KAIに対して不信感を持ってしまったEXOペンの皆さんに対しても。

 

でも、本当はそんなことは対処療法でしかなくて、根本的な部分では傷は治らないのは知っているけれど。

 

KAIの色々な言動から感情を探ることに疲弊しきっているし、期待してしまう自分も嫌になるし、本当は何の自信もないのに「でもまだKAIはやれる」って無理やりに自分を鼓舞するのも、本当はとても苦しい。

 

でも、その時にKAIのパフォーマンスはある種の救いだなと、今回しみじみ感じました。

一気に、引き戻してくれる。
嫌なことも、一瞬だとしても全部忘れられる。
「やっぱりKAIしかいない」と思わせる。

 

 

こんな風に、感情を整理できたのか、はたまた更に混乱したのか自分では分からないけれど、でも、KAIに会いに行って良かったと思いました。傷ついたままで終わるのは悔しいし、寂しい。

また脱線してしまったけれど、KAIのパフォーマンスを観て、こんなことをしみじみ思いました。

 

 

パフォーマンスを終えた後のKAIさんは最後のトーク中何度かステージ脇に水を飲みに行っていて、その様子を観ることができたのですが、フラフラで息もすごく上がっていました。

メンバー全員が同様に力を振り絞ってパフォーマンスをしているのは承知の上ですが、それでも3日目のKAIさんは非常にしんどそうでした。床から水のペットボトルを持ち上げるだけで少しふらついていて、もう怪我をしないように、無理だけはしないでね、と思ってしまいました。

 

 

 

 

 

最後の挨拶も日本語で言っていたKAIさん。

恐らく「ファンミもあっという間に最後で寂しい」って言いたかったのだと思うけれど、「寂しい」という単語が出てこなくて、ギョンスがすぐに「寂しい?」って助け船を出していました。

日本語が得意ではないKAIさんだけど、これぐらいの短いセンテンスを覚えるのはそんなに難しくはないと思う。

でも、KAIさんはライブでもファンミでもいつも、その前のパフォーマンスで一生懸命踊りすぎて、せっかく覚えた日本語の挨拶を忘れてしまう。

ファンのことを思って、伝えようとした言葉たち。

 

以前は、すぐに韓国語に切り替えて通訳さんに頼っていたのに、短くても日本語で言い切ろうとすることをありがたいと思いました。本当はもっと日本語頑張れと心底思うけれど、通訳さんを通した韓国語と、直接心に届く日本語では、受け取る感情も変わる。

ファンにちゃんと伝えたい、という感情も日本語の挨拶には含まれるので。

 

 

更に混乱を極めた感も否めませんが、2日間参加したファンミではこんなことを思いました。

これからEXOはカムバを控えて慌ただしくなりますね。

日程的な問題でSMtownは無理かなと思っているし、a-nationやリズムネーションはトンペンの時に何度も行きましたが、気力的にもう行けないなあと正直思います。

 

 

だから私が次にKAIさんを観られるのは、たぶんライブツアーかな?

 

私のKAIペンとしての方向性は非常に混乱したまま夏を越しそうですが…でも、KAIさんとEXOのみんなが、怪我なく、楽しく笑顔でカムバ活動ができることだけを願います。

今思うのは本当にそれだけ。

 

今回のカムバがEXOにとって正念場だと正直思っているので、メンバー全員が悔いなく頑張れますように。

 

 

KAIさんとギョンスの大好きな写真でさようなら~。

tumblr_oqczgazZwI1riav2to1_500

 

tumblr_oq3dsgdNEw1riav2to1_500

 

 

38 people like this post.

この世界が、あなたに対して優しくありますように

 

KNKさんが今年1月にTwitterにアップされた中国語の投稿を訳させていただきました。

紹介する写真と中国語・英語の著作権はすべてKNKさんに帰属します。また意訳も含まれます。直訳ではありません。

意味をとらえるのが難しい詩的な表現もあり、誤訳もあるかもしれません。そして、KNKさんの想いを想像し、直訳ではなく意訳している部分もあります。

あくまでも個人ブログであることをご理解願います。

 

 

 

<2017年1月2日>

要是一個人吸引我,
他無論選擇什麼方式表達自己
對我來說都很可愛

もしもその人に魅了されたら
どんなしぐさでも
全部可愛い

exo-kai-knk-20170102-01

 

exo-kai-knk-20170102-02

 

exo-kai-knk-20170102-03

 

exo-kai-knk-20170102-04

 

 

 

 

<2017年1月2日>

你始終在我心底最柔軟的一塊

あなたはずっと
私の心の中で
最も優しい存在

exo-kai-knk-20170102-05

 

exo-kai-knk-20170102-06

 

exo-kai-knk-20170102-07

 

exo-kai-knk-20170102-08

 

 

 

 

<2017年1月15日>

每一次見面
都會重新定義我人生中最幸福的時刻

毎回、あなたに会うと
私の人生の最も幸せな瞬間が
更新される

exo-kai-knk-20170115-01

 

exo-kai-knk-20170115-02

 

exo-kai-knk-20170115-03

 

exo-kai-knk-20170115-04

 

 

 

 

<2017年1月16日>

見過山見過海見過花開見過樹綠
直到看見你笑的樣子
才駐足

山を見て通り過ぎて
海を見て通り過ぎて
咲き誇る花を見て通り過ぎて
木々を見て通り過ぎて
私はあなたの笑顔を見て
やっと立ち止まる

exo-kai-knk-20170115-01

 

exo-kai-knk-20170115-02

 

exo-kai-knk-20170115-03

 

exo-kai-knk-20170115-04

 

 

 

 

<2017年1月18日>

星星不是你的眼睛
你比他們還要多情

星はあなたの瞳に敵わない
あなたは
星よりも輝いてる

exo-kai-knk-20170118-01

 

exo-kai-knk-20170118-02

 

exo-kai-knk-20170118-03

 

exo-kai-knk-20170118-04

 

 

 

 

<2017年1月18日>

願世界待你溫柔

この世界が
あなたに対して
優しくありますように

exo-kai-knk-20170121-01

 

exo-kai-knk-20170121-02

 

exo-kai-knk-20170121-03

 

 

 

 

<2017年1月22日>

這個世界上大部分事情沒有好壞與對錯的標準答案
只有你的本心和本該遇見的相逢

この世界の殆どには
良いことと悪いこと
正解と間違いの答えがない
あるのは
あなたの真心と出会うべき運命

exo-kai-knk-20170122-01

 

exo-kai-knk-20170122-02

 

exo-kai-knk-20170122-03

 

exo-kai-knk-20170122-04

 

 

 

 

<2017年1月22日>

喜歡的意義不過如此
不論你在那裡
我都因為你而變得優秀努力

好きでいる意義は大きなことではなくて
あなたがどこに居ようと
私はあなたの為に努力できる

exo-kai-knk-20170122-05

 

exo-kai-knk-20170122-06

 

exo-kai-knk-20170122-07

 

exo-kai-knk-20170122-08

 

 

 

 

<2017年1月22日>

你真可愛,好看的那種

あなたはとても可愛い
外見が良いというか

exo-kai-knk-20170125-01

 

exo-kai-knk-20170125-02

 

exo-kai-knk-20170125-03

 

exo-kai-knk-20170125-04

 

 

 

KAIさんの今の髪型と髪色が私は一番好きだなあ。
でも、今回のKNKさんのコメントと写真

 

もしもその人に魅了されたら
どんなしぐさでも
全部可愛い

exo-kai-knk-20170102-02

 

安っぽくてダ○い衣装で首輪までしてる上に乳首チラ見せ…私この衣装を見た時に吹き出してしまいました。カッコいい衣装でチラ見せならいいのですが、これは野暮ったくてちょっと苦手。

でも素直に着せられてドヤ顔でアイドルやれるKAIさんがある意味可愛い。微笑ましい。

 

 

それにしても、最近コミット中のKAIさんがどの程度のムキムキを目指しているのか、勝手にドキドキしています。

 

kai20170305

 

勝手な印象ですが、EXOのダンスは下半身より上半身にポイントを置いた動きが多いと感じているので(だから、運動神経があまり…なKAIさんがメインをはれる)、筋肉を付けるのはEXOのパフォーマンスの部分ではリスクよりメリットが大きいのかな? 怪我をしにくい体作りという意味も大きいと思いますが。

 

でも、ムキムキはほどほどにしてくれ。

ヒョロヒョロの青年期から、おっさんになっていく過程って、アイドルファンとしては、成長の喜びとともに、少し寂しさを感じる過程です。「あー、いよいよ階段上りきったなあ」って。

 

私がアイドル・EXO KAIのファンになった時に、東方神起を始めとした様々なアイドルグループから学んで、覚悟の上でリストアップした「アイドルの応援で経験すべきこと」。

 

①メンバー(本人含む)の不祥事
②メンバー(本人含む)の脱退
③サセンが問題を起こす
④メンバー(本人含む)の家族がでしゃばる
(契約問題・お金問題など)

⑤事務所のク○対応
⑥メンバー(本人含む)の恋愛
⑦メンバー(本人含む)の怪我

 

残念ながら、もうすでに結構クリアしてしまいました。

 

特にKAIさんなんて、「今が人気の絶頂」って時に公開恋愛だもんね(古傷)。KAIさんも事務所もどうかしていると今でも思う。アイドルの資格なし!

それでも何とかKAIペンを続けているのだから、よく生き残ってるなあと、自分のことを少しは褒めたい。

 

ということで、私がKAIペンを続ける上で経験しなければいけない障害はあと3項目です。

 

⑧胸板ムキムキゴリラ系おっさんになる
⑨兵役に行く(坊主が似合うか問題も有り)
⑩グループの人気が緩やかに落ちていく

 

⑧は近い将来コンプリートだろうし、こう考えると、ファン歴3年弱でほぼクリアできていて恐ろしや…。

 

特に韓国のアイドルは寿命が短いのに、グループの数だけは数えきれないほどいる厳しい世界で、1発の花火すら打ち上げられずに、消えていくグループが多いのも確か。

 

その中で、最大手SMEからEXOとしてデビューできたことだけでも、確実に選ばれた存在。特に4.5年前のSMならば、top of topを確約できる力もあった時期。EXOはブレイクまでに時間がかかったとはいえ、topに上り詰めることもできました。

 

でも、それにしても、ロールモデルにしたであろうグループと比較しても、やっぱり色々と駆け足だなあと思います。

様々な事情があってのことだとしても、少し残念、というか、私が勝手に寂しい。

飛躍してしまったけれど、そんなことを最近改めて考えています。

KAIさんがこれまで与えてくれた感動や幸せだけでも、これからもKAIさんを応援する大きな理由に十分なっているのだけど。

 

—————————————

 

1月2月は休日返上で本当によく働きました。

ありがたいことに(?)、いま外部から仕事がたくさん舞い込んでいて、なのにスタッフ増強が間に合わず、私は通常の倍のページを進行するという、自分史上最大のボリュームを担当しました。

本当にしんどかった。土日も取材やMTGで埋まることが多くて、まともに休めませんでした。

 

やっと先週諸々が校了して、この週末は金曜日に代休をとって3連休でした。メールチェックもあまりせず、やっと「休んだ」という感覚になれている週末です。心と体の休息は本当に大事。

 

一般企業から見たら、この働き方はブラック認定するに十分ですが、でも業界的には、この業界を選んだ以上仕方がないと思いながら自分なりの意義を見出して働いている人が多いのも確かです。私自身も、その一人だと思う。

うちの会社は、ある程度見合った報酬と季節の長期休暇が長いことでなんとかバランスを取っている感じなのですが、でも自分の長期のビジョンを考えた時には、働き方の改善が必要だなとつくづく思います。

 

金曜日は出産したばかりの友人のお宅にお邪魔して、赤ちゃんに会ってきました。普段仕事をバリバリしている友人が、お母さんになったらますます貫録がでていて、なんだかとても眩しかったです。本当にカッコいい。

 

—————————————

 

そして帰宅後は、ずっと観たかったコン・ユとキム・ゴウン共演の『鬼(トッケビ)』を観始めました。

 

1korean20161216

 

日本語字幕のDVD(海賊版…)を注文したのに、届くのが待ちきれなくて、とある中国語サイトですでに6話まで観てしまいました。

今週からまた激忙しい日々が始まるので、できれば週末に観終えたいのですが、昨日も今日も人と会う予定を入れてしまっているので、なかなか進まないです。今夜は夜なべだな。そしてDVDが届く前に観終えそうな予感。

 

コン・ユオッパ(9頭身:ムルコギ調べ/俳優はアイドルと違ってオッパと呼べる人が多くてほっとする…)は、怒りや悲しみのシリアスな演技が好きでファンになりましたが、それとともにお茶目な演技のメリハリが魅力的な人だと個人的には思っています。

でもこの作品は「切なさ、悲しみ」が作品の世界観にあるので、今回は控え目。

 

眼を真っ赤にした涙の演技、悲しみの表情に心を奪われます。

そしてキム・ゴウンも本当にいいなあ。

二人の演技は似ている気がします。
特に憂いと涙の表現。
全体的に抑制している演技。

AKR20170120166300033_09_i

 

トッケビ

 

運命から逃げられず、「今は、長い長い人生の時間の中の一刹那である」ということを十分に知りながらも、相手を想い、懸命に生きる登場人物たちの生き様が切ない。

 

 

今のところ、私が一番好きなシーン。
シン(コン・ユ)がウンタク(キム・ゴウン)に恋に落ちて、「初恋だった」と自覚する場面。

1482168745-2692917880_n

 

愛すべき存在を見つけた安堵と、そして失うことの恐怖の二つの感情が入り混じったシンの表情に、心が動かない人はいないと思います。

 

構成が若干雑で辻褄が合わない部分が多くて粗も目立つし、ギミックが物足りない感もあって、正直集中できない部分も多いのですが(私何様…でも言いたいことは言う)、イ・ドンウクやユ・インナ、BTOBのソンジェも含めたキャスティングと、世界観の構築だけでも、大ヒットした理由が納得できる、そんなキャストとスタッフの力が光る作品です。

 

 

そして、非常に美しい風景の中にどこか寂しさを感じる、そんな画作りが多くて、引き込まれる映像が多い。

0

「共依存」もテーマの一つなんだろうなあ。

 

 

チャニョルがパンチと一緒に歌っているOST「Stay With Me」も作品の世界観を盛り上げる重要な要素。

イントロを聴くとドラマのシーンが脳裏に蘇ります。

 

 

すべきことがたくさんある中で、どうしたらあと10話分を今日一日で観終えることができるのだろう…たぶん無理だな。。。

政治的な匂いもする、WOWOWドラマ『春が来た』のKAIさん起用も気になるところですが、今日はこれにて。

(画像お借りしました)

 

24 people like this post.

未来のことは分からない。でも未来もきっと、私はあなたがいる場所にいる

 

KNKさんが昨年11月にTwitterにアップされた中国語・英語の投稿を訳させていただきました。

紹介する写真と中国語・英語の著作権はすべてKNKさんに帰属します。また意訳も含まれます。直訳ではありません。

意味をとらえるのが難しい詩的な表現もあり、誤訳もあるかもしれません。そして、KNKさんの想いを想像し、直訳ではなく意訳している部分もあります。

あくまでも個人ブログであることをご理解願います。

 

 

 

<2016年11月1日>

Life is not measured by the number of breaths we take; but by the moments that take our breath away. 

人生は呼吸の回数ではなく、どれだけ心震える瞬間があったかで決まる

exo-kai-knk-20161101-01

 

exo-kai-knk-20161101-02

 

exo-kai-knk-20161101-03

 

exo-kai-knk-20161101-04

 

 

 

 

<2016年11月2日>

每一個不曾起舞的日子都是對生命的辜負

一度も踊らない日は、命を失うようなもの

exo-kai-knk-20161102-01

 

exo-kai-knk-20161102-02

 

exo-kai-knk-20161102-03

 

exo-kai-knk-20161102-04

 

 

 

 

<2016年11月2日>

Fearfully and Wonderfully Made

大きな力で素晴らしいものに創りあげられた

exo-kai-knk-20161102-05

 

exo-kai-knk-20161102-06

 

exo-kai-knk-20161102-07

 

exo-kai-knk-20161102-08

 

 

 

 

<2016年11月4日>

我在努力奔跑的方向正是你存在的地方
覺得能有這樣的緣分就很好了

私が努力して邁進する方向は
あなたがいる場所

私は、この宿命をありがたく思う

exo-kai-knk-20161104-01

 

exo-kai-knk-20161104-02

 

exo-kai-knk-20161104-03

 

 

 

 

<2016年11月6日>

世事如書,我偏愛你這一句

世の中を1冊の本とするならば
私は「あなた」という言葉を何より愛す

exo-kai-knk-20161106-01

 

exo-kai-knk-20161106-02

 

 

 

 

<2016年11月10日>

你的出現足以帶來一整個冬季的溫柔

あなたが来れば
冬でも十分に暖かい

exo-kai-knk-20161110-01

 

exo-kai-knk-20161110-02

 

exo-kai-knk-20161110-03

 

exo-kai-knk-20161110-04

 

 

 

 

<2016年11月16日>

每個人都想在最好的年華遇到某人 ,
卻都在遇到某人後迎來了最好的年華

誰もが、最高の時に“あの人”に会いたいと願うけれど
実際は“あの人”に会えた後に、最高の時になる

exo-kai-knk-20161116-01

 

exo-kai-knk-20161116-02

 

exo-kai-knk-20161116-03

 

 

 

 

<2016年11月16日>

Like my own personal brand of heroin

exo-kai-knk-20161116-04

 

exo-kai-knk-20161116-05

 

exo-kai-knk-20161116-06

 

 

 

 

<2016年11月17日>

你是我最意想不到的一次投入

あなたは
私が最も夢中になった人

exo-kai-knk-20161117-01

 

exo-kai-knk-20161117-02

 

exo-kai-knk-20161117-03

 

 

 

 

<2016年11月17日>

You may not be the only reason why I smile, but you are definitely my favorite one.

あなたは
私が微笑む唯一の理由ではないかもしれない
でも私は
迷うことなくあなたのことが好き

exo-kai-knk-20161117-10

 

exo-kai-knk-20161117-11

 

exo-kai-knk-20161117-12

 

 

 

 

<2016年11月19日>

雲飄散在時光裡
花綻放在時光裡
你眨眼
時光在你的眼裡

雲は時空の中で漂って
花は時空の中で綻んで
あなたは瞬きをする
時空は、あなたの眼の中にある

exo-kai-knk-20161119-01

 

exo-kai-knk-20161119-02

 

 

 

 

<2016年11月20日>

我覺得不管是五年,十年,只要看著你
我眼裡也還是會閃閃發光地溢出滿滿的溫柔和眼淚

5年だって、10年だって
ただあなたを見つめていたいと思う
私の瞳の中は
暖かい気持ちと涙がキラキラと溢れてくる

exo-kai-knk-20161120-01

 

exo-kai-knk-20161120-02

 

exo-kai-knk-20161120-03

 

 

 

 

<2016年11月20日>

每個人都應該做自己喜歡的事
用自己目中無人的喜歡和旁若無人的努力
成為世界的無可替代

誰だって、自分が好きなことをしなければならない
傲慢なほど好きなことと
周りをかえりみない努力が
世界でかけがえのない人にする

exo-kai-knk-20161120-05

 

exo-kai-knk-20161120-06

 

exo-kai-knk-20161120-07

 

 

 

 

<2016年11月20日>

寫你的名字都覺得很幸福

あなたの名前を書くといつも
幸せな気持ちになる

exo-kai-knk-20161122-01

 

exo-kai-knk-20161122-02

 

exo-kai-knk-20161122-03

 

exo-kai-knk-20161122-04

 

 

 

 

<2016年11月25日>

如果你在冬天遇到喜歡的人
他可以把你的冬天變成春天

冬に大好きな人に会うと
その人は
私の冬を春に変える

exo-kai-knk-20161125-01

 

exo-kai-knk-20161125-02

 

exo-kai-knk-20161125-03

 

exo-kai-knk-20161125-04

 

 

 

 

<2016年11月29日>

我不太清楚未來是什麼樣子
但我想那大概,是有你在的地方

未来のことは分からない
でも未来もきっと
私はあなたがいる場所にいる

exo-kai-knk-20161129-01

 

exo-kai-knk-20161129-02

 

exo-kai-knk-20161129-03

 

exo-kai-knk-20161129-04

 

 

 

 

<2016年11月29日>

或許,我還是怕忘記這些細碎的情懷
想貪心地把他們都捧在懷中
放進隨身的包裹裡帶著一起走

もしかしたら私は
このささやかな感情を忘れてしまうかもしれない
できることならば
心の中のそれをすべて拾い上げて
小さなバッグに入れて一緒に行きたい

exo-kai-knk-20161129-05

 

exo-kai-knk-20161129-06

 

exo-kai-knk-20161129-07

 

exo-kai-knk-20161129-08

 

 

 

 

<2016年11月29日>

 美好的東西都應該是合襯你的 

美しいものはすべて
あなたにふさわしい

exo-kai-knk-20161129-16

 

exo-kai-knk-20161129-17

 

exo-kai-knk-20161129-15

 

 

 

 

<2016年11月29日>

在你理所當然在的地方寫下屬於你的故事

あなたがいるべき場所で
あなたの物語が始まる

exo-kai-knk-20161129-12

 

exo-kai-knk-20161129-13

 

exo-kai-knk-20161129-14

 

 

一昨日は早朝から深夜に渡る出張で、かつ会社の偉い人とクライアントの偉い人に一日中気を使っていたので、昨日はさすがに誰かと会ったり言葉を発する気力もなく、観なければいけない映画も多かったので、できる限り家にいて省エネで過ごしました。もう日付が変わって月曜日になったのにまだ持ち帰り仕事が終わっていないけれど、ちょっと気休め更新をしました。

 

私、やっぱりKNKさんの写真と選ぶ言葉が好きです。去年の11月12月は本当にばたついていて、KAIさんの色々を全然チェックできなかったけれど、こうして、KNKさんの写真と言葉をひとつひとつ確認して、少しずつではあるけれど併せて動画も確認する作業は、なんだか気持ちが温かくなりました。

2016年後半、KAIさん、ちゃんと頑張っていたね。

 

 

 

ところで色々飛び飛びで恐縮ですが、やっぱりカイドペンとしては残しておかなきゃね。きっと、モーメント当日はカイドペンさんたち盛り上がったんだろうな。いつも乗り遅れてる。。

 

<GREEN NATURE 2017 EXO FAN FESTIVAL>でのこのシーン…

tumblr_ok6sp9IxqG1riav2to1_500

 

 

KAIさんの場所取りが見事でした。
結婚式の立会人かと思ったもんね。
チューの前に何故かKAIにタイミングを確認するギョンスと、柄にもなくお兄さんぶるKAIさん。
cr.EXOSPHERE2013

 

こんなことがあってもテンションは相変わらず低い私ですが、久々にgifまで作ってしまったよ。

tO5i2sRQ

 

そして漏れなくこのシーンを思い出しました。

qHrZs

懐かしくて泣けてくる(この当時はまだEXOペンじゃなかったけれど)

 

 

1月21日のモーメント直前のギョンスは、たまたまそこにいたKAIにタイミングを確認しただけで、ほかのメンバーがいても同じことをしただろうし、モーメント後のKAIさんの様子は嫉妬しているようにもとれるけど、たぶんモニターとかファンの様子を見てるだけだろうし…。

テンション低めの私は、そんなことを考えて別にドキドキもきゅんきゅんもしなかったのですが、でもカイドはやっぱり尊い。

もはや、KAIさんのコミュニケーション下手は実際の本人を知らない私でも、「だよね」と思うし、そんなKAIさんだから、今はプライベートでギョンスと遊びに出掛けるなんてことは期待していないけれど、でも、せめてステージではカイドモーメントを見せてくれと思う。(練習生の時に一緒に出掛けている写真は何枚か流出しているのにね)。

ステージでのフリータイムではぼっちになりがちなKAIさんにとって、ギョンスって拠り所であって、そして歌手として、パフォーマンスとしても尊敬している部分があるんだろうなあ。だから、無意識に近づいてしまう、部分もある気がする。

ギョンスにとってKAIさんはどんな存在なんだろう?

 

KAIさんの心も、ギョンスの心も。
知りたいけれど、でも実際は心の中までは分からない。

去年はそれを痛感したので、今年は「気がする」程度に留めて、思い込みはしないようにしているけれど、お互いを高め合える存在であればいいなと思う。

 

 

戻りますが、KNKさんの言葉。

我不太清楚未來是什麼樣子
但我想那大概,是有你在的地方

未来のことは分からない
でも未来もきっと
私はあなたがいる場所にいる

 

KNKさんはもう十分すぎるほど応援をされているだろうに、今もこの言葉をKAIに向けていらしゃることを羨ましく思いました。

私なんて、全然応援できていない、と後ろめたい気持ちに襲われる。そして、今は、10年後のKAIさんが何をしているかも、10年後の私が何をしているかも、想像できない。

 

でも、おこがましくも、もしもそんな気持ちを私もほんの少し抱いていいのならば、私なりの応援は、今KAIさんから貰っている力や意識を、少しでも自分の成長につなげて、自分の未来を少しでも願う姿に近づけることかなあと思います。

この言葉を、私自身はこのように捉えて大事にします。

 

 

少年だったアイドルが大人になる過程って、ファンとしては寂しさを感じる部分でもあり、KAIさんに対しても、もれなくそんな感じです。

でも最近のKAIさんは時々、昔の面影が強く出る瞬間があって、懐かしくて切ない気持ちに襲われます。

私は、KAIさんのビジュアルが好きでKAIペンになったわけではないけれど、でも、この写真のような表情のKAIさんが本当に好き。わずかな一瞬を切り取った写真は、いかようにも解釈できるので、本当は凄く危険だけど、でも、この表情から感じるKAIさんの感情は、自分が想像している感情だと信じています。

何度も見ている表情だから。

exo-kai-knk-20161129-05

 

この表情にギュッと心を掴まれるのは、KAIペンになったばかりの頃からずっと。

KAIさんは変わったのかもしれないし、変わってないのかもしれないし。私にはわからないけれど、でも、瞬間の輝きのようなものは流さず大切にできる人になりたいです。

 

 

 

29 people like this post.

お誕生日おめでとう〈31st Golden Disk Awards〉20170114

 

2017年1月14日は、私がKAIさんに出会って3回目の誕生日。
そして、このブログに引っ越してちょうど2年です。

KAIさんの24歳の誕生日。
本当に、本当におめでとう。
そして、<31st Golden Disk Awards>大賞受賞おめでとう。

 

 

圧巻だね

C2LPIGFVEAAsfi5

 

exo-kai-31stgoldendiskawards12

 

exo-kai-31stgoldendiskawards13

 

 

特に去年は、自分自身の仕事とプライベートも余裕がなさ過ぎて、考えてみたら、授賞式も全然観られていなかった。

 

誕生日に、強いスポットライトの光が照らすステージで、堂々とパフォーマンスをするKAIさん、そして優しい笑顔で嬉しそうにコメントを話すKAIさんを観ていたら、すごく幸せな気持ちになって、そして、心がすっと楽になる瞬間がありました。

 

今日も一日仕事で、帰宅したときにはもうKAIさんの誕生日も終わりそうな時間。へとへとな一日だったのに、そこから振り返って観た1月14日のKAIは、本当にキラキラしていて、なんだかファンになりたての頃のようにドキドキしました。

 

そして、なんだか泣けてきました。

幸せなのに切ない。とても懐かしい感情。

KAIさんへの愛情がぶわーっと心の奥底から生まれてくる感覚がありました。

 

 

もしかしたら、KAIさんも、そして私の心も、長く苦しいトンネルを抜けられたのかもしれない。そんな気持ちになれた1月14日。

exo-kai-31stgoldendiskawards17

 

exo-kai-31stgoldendiskawards10

 

exo-kai-31stgoldendiskawards18

 

 

KAIさん、お帰りなさい

exo-kai-31stgoldendiskawards09

 

KAIはやっぱりEXOのセンター。
こうでなくっちゃと心底思いました。

去年の色々にさようならをして、KAIはEXOのKAIとして、そして私はKAIペンとして、新たにスタートを切れた日だといいなあ。
そんなことを思いました。

 

exo-kai-31stgoldendiskawards19

 

 

 

 

流れる汗も
ケツ顎も、エラも、つぶれた鼻も

exo-kai-31stgoldendiskawards20

 

 

ちょっと不自然な二重も
バランスが悪い左右の目も

C2JVFMSUkAAELdp

 

 

すべてをひっくるめて
KAIさんのことが好きなんだなあ
こんなKAIさんを観ると、ほっとする

exo-kai-31stgoldendiskawards08

 

 

 

KNKさんがアップしてくださったこの動画。
にやける姿も微笑ましい(…と思えるようになった自分に少しほっとした。イラッとしなかった)

 

 

 

KAIさんの笑顔がはじけた瞬間。
セフンがスピーチで、KAIの誕生日を祝ってくれた時。

exo-kai-31stgoldendiskawards11

 

記念すべき日に、メンバーやファン、たくさんの人に誕生日までお祝いしてもらったKAIだけど、KAIペンの私的に、なんだか一番うれしいと思った瞬間でした。

セフンがこうしてKAIに接してくれると、何故かほっとするんです。

 

 

 

ギョンスには一番乗りだったインスタ芸人チャニョルさん・・・出遅れました。

C2I8CFHUoAQSSqX

でも、KAIペンとしては、「チャニョルさんくるか?こないか?やっぱりギョンス>KAIだよね~。わかってる…」とちょっとドキドキしていたので嬉しかった。(過保護)

 

exo-kai-31stgoldendiskawards16

登場した時にみんなで「ハッピーバースデー」を歌ってくれたり。チャニョルさん、人見知りで協調性がないKAIを、いつもこうして気にかけてくれて本当にありがとうね。

 

tumblr_ojrvmhumix1riav2to1_500

 

 

 

【今日の一枚①】
東南アジアの複雑で長い名前の国の王様
(ほとばしるオーラ)

exo-kai-31stgoldendiskawards02

 

exo-kai-31stgoldendiskawards04

 

 

【今日の一枚②】
私がカメラマンだったら、きっとブレる
(吹き出す)

exo-kai-31stgoldendiskawards01

 

 

 

KAIさん、素敵な誕生日になって良かったね
心から、そう思うよ

exo-kai-31stgoldendiskawards06

 

今年は、怪我せず、ファンを大事にして、そしてステージで輝き続けてね。私も、自分のことを第一にして、自分のペースでKAIさんを応援します。

 

絶対に、幸せな一年を!
信じているからね。

exo-kai-31stgoldendiskawards19

 

 

久々にコメントを開かせていただきます。
今やブログに来てくれている方がいるのかも不明ですが(アクセス見ない)・・・KAIへの気持ちを書き記してくださる方がいらっしゃったら、是非❤

 

47 people like this post.